2015.4.5 11:20

オチが想像できない世界の変わった死因特選 「屋根から牛が降ってきて死亡」「割れないガラスを証明しようとして死亡」 他







不謹慎だけど笑ってしまう?世界の変わった死因8選
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150404-03000004-mynavis
1428198306578

(記事によると)

世の中には「変わった原因」で命を落としてしまうケースがあります。例えば、1567年のオーストリアでは、「世界一の長さのひげ」を持つ男性が火事から逃げようとして自分のひげを踏み、首の骨を折って死亡しました。

このほかにも世界には変わった死因が存在する

■屋根からウシが降ってきて死亡

(2013年ブラジル)
夜、突然屋根を突き破ってウシが寝室に落下、寝ていた男性に直撃。
病院に運ばれたが死亡。
家は裏の丘と段差がない形で建てられていたので、農場から脱走したウシが登り、滑って屋根に転落したのが真相だとか

■どとうのひつじ

(1999年イギリス)
ヒツジの飼料をバイクで運んでいた女性に羊が殺到
そのまま崖まで押されて落とされてしまう。
転落した女性はかろうじて生きていたが、直後落ちてきた自分のバイクが直撃し、死亡

■「割れないガラス」を証明しようと・・・

(1993年カナダ)
弁護士のガリー・ホイは「高層ビルのガラスは耐久性に優れ、割れることはない」ということを証明するためにガラスに体当たり。
ガラスは割れなかったが枠ごと外れてしまい、そのまま落下、死亡。

■釣った魚で死亡

(2005年マレーシア)
少年が魚を釣り上げたところ、魚が暴れて少年の口にダイブ。
魚は喉の奥まで入り込み、家族が抜こうとしても抜けず少年は窒息死

■裁判で事故現場を再現しようとして……

(1871年アメリカ)
政治家/法律家のクレメント・バランディガム氏は、とある殺人事件の原因が「銃を抜く際の暴発で事故が起こった」という証言を実際に検証することに。
裁判の場で、容疑者の言う銃の抜き方をしたところ、実際に銃が暴発。死亡














髭の長いおっさんの死因とか牛が落っこちてきて死ぬとか
『ファイナルデスティネーション』みたいな偶然の連鎖の死亡って本当にあるんだな