2015.4.22 10:15

ついにアトピー性皮膚炎が完治する!? 最新の研究によるとアレルギーが原因ではなかった模様


名称未設定 1





アトピー性皮膚炎 原因は細菌の異常増殖か
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150422/k10010056361000.html
(記事によると)

アトピー性皮膚炎は、皮膚の表面で複数の細菌が異常に増えることで起きるという研究成果を、アメリカの国立衛生研究所と慶應大学などのグループが発表した。

アトピー性皮膚炎を発症する特殊なマウスを使って皮膚の表面を調べたところ、症状が出てくるのと同時に「黄色ブドウ球菌」と「コリネバクテリウム」という2種類の細菌が異常に増えてくるのを突き止めた。

このため抗生物質を投与して細菌が増えないようにしたところ、マウスはアトピー性皮膚炎を発症しなくなり、逆に抗生物質の投与を止めると2週間ほどでアトピー性皮膚炎を発症したということです。
研究グループでは、アトピー性皮膚炎は乾燥などの環境や体質をきっかけに皮膚の表面でこれらの細菌が異常に増殖することで起きるとしています。
「アトピー性皮膚炎はこれまでアレルギー疾患だと考えられてきたが、詳しいメカニズムが解明できれば新たな治療法の開発につながるはずだ」と話している。


黄色ブドウ球菌について

顕微鏡で見ると、ぶどうの房のように集まっていることから、この名前が付けられました。この細菌は、食中毒の原因となるだけでなく、おでき、にきびや、水虫等に存在する化膿性疾患の代表的起因菌です。
 そのため、健康な人でものどや鼻の中などに高率で検出され、動物の皮膚、腸管、ホコリの中など身近にも存在しています。
 この菌は、食べ物の中で増殖するときにエンテロトキシンという毒素をつくり、この毒素を食品と一緒に食べることにより、人に危害をおよぼします。
 菌自体は熱に弱いが、この毒素は100℃30分の加熱でも分解されません。

oushoku



予防のポイント

手指などに切り傷や化膿巣のある人は、食品に直接触れたり、調理をしたりしないこと。
手指の洗浄・消毒を十分に行うこと。
食品は10℃以下で保存し、菌が増えるのを防ぐこと。
調理にあたっては、帽子やマスクを着用すること。

(詳しくはこちらへ)











2015y04m22d_101849363






アトピーに悩む人はたくさんいるから根本的治療の開発に期待したいね


サッカリンの発がん性のウソといいここ最近医学的な常識が覆されること多いな










閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS -水着だらけの前夜祭- [Blu-ray]閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS -水着だらけの前夜祭- [Blu-ray]
原由実,金元寿子,石原夏織,山本彩乃,五十嵐裕美,上田繁

KADOKAWA メディアファクトリー 2015-04-24
売り上げランキング : 110

Amazonで詳しく見る

トロピコ5トロピコ5
PlayStation 4

スクウェア・エニックス 2015-04-23
売り上げランキング : 19

Amazonで詳しく見る