2015.5.2 12:00

「ビリギャル」の真相が酷いwwwwwwww


名称未設定 1




ビリギャルとは

aa2b2a0644f52a49820cb8d1cdd8a078_400x400


『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(がくねんビリのギャルがいちねんでへんさちをよんじゅうあげてけいおうだいがくにげんえきごうかくしたはなし)は、名古屋市の学習塾・青藍義塾(現・坪田塾)塾長の坪田信貴(つぼた のぶたか)がストーリー投稿サイトSTORYS.JPに投稿した実話、またアスキー・メディアワークスにより書籍化され2013年刊行された同名の書籍である。
通称「ビリギャル」。

素行不良のギャルで、高校2年生で小学4年生程度の学力しかなかった少女・さやかが、坪田の指導を受け、学力偏差値を上昇させ慶應義塾大学に現役合格するまでを描いた。書籍は2013年発行だが、モデルとなった女性は2014年時点で26歳であり、その高校時代のエピソードである。

(詳しくはWikipediaへ)

この説明を読んだ人はどう思うか



ほとんどの人が


Fラン高校の人間が1年くらい死ぬ気で(独学で)勉強したら
慶応大学の文学部か商学部あたりに合格できた!



という


51AK59TFG3L



1年で東大に合格した『ドラゴン桜』のような話をイメージしてると思われるが


実際は・・・


県内でも有名な進学校の生徒だった
・家庭内不和でグレたために一時的に落ちこぼれ生徒になっただけ
偏差値30くらいだがそれは落ちこぼれた後の"学校内偏差値"の話であり高校生全体で見た偏差値ではない
・しかも壊滅的な低偏差値は国語だけ



(中身をまだ読んでない人向けの参考レビュー:http://books.rakuten.co.jp/rb/12601827/



と、土台は優秀な生徒という事実


しかも「慶応に合格」とあるが実際は


「総合政策学部」(本キャンではない)という英語と小論文だけで合格できる学部というカラクリがあった


2015y05m02d_110815148



慶應義塾大学ホームページより


数学あるいは外国語あるいは数学および外国語小論文

数学出題範囲

数学I・数学II・数学A・数学B
数学Aからは「場合の数と確率」・「整数の性質」・「図形の性質」を出題範囲とする。
数学Bからは(a)「数列」・「ベクトル」、(b)「数値計算とコンピュータ」(旧課程)の
(a) 、(b)のうち、いずれか一方を選択する。




モデルの女の子は


国語(現代文・古文・漢文)が壊滅的に駄目だっただけで英語は得意だった


そして試験科目に国語は含まれておらず得意な英語で挑んだ


というオチでした。


bbdea9d9-s




もちろん坪田塾長による熱心な指導のおかげで落ちこぼれた生徒を復活させたのは事実であり、本人も体力的に辛くなるほど自分を追い込んで勉強したのには変わりはないが


・モデルの生徒自体、一時の気の迷いでグレたものの元々は勉強できる人であった

毎日塾に通えるだけの(100万円近い)塾代を支払ってくれる親がいた

・ぶっちゃけ低い偏差値だった教科は受験に直接は関係していない



という一番大事な事が隠されて宣伝されてるので、底辺生徒の下剋上物語ではない


※ただし、本には勉強法だけでなく子育て論、リーダーシップについて参考になることがたくさん書かれてるので
「人間育成・啓蒙本」という面で見るならかなり優秀な本です。



- この話題に対する反応 -




・ドラゴン桜だと思ってたのに全然違うじゃん

・1年くらい死ぬ気になれば合格できると思ったけど人生そんなに甘くなかった

・高校くらいまでに落ちこぼれた奴は一生底辺だってことがわかる良い本だな(白目)

・偏差値あげたりしっかり勉強の面倒を見てあげた坪田先生は素晴らしいけどさ・・・

・本のタイトルがクソ長い割に大事な部分を全部隠してるのは酷い


・(有名進学校で)学年ビリの(元から英語はかなりできる)ギャルが1年で(壊滅的だった国語の校内)偏差値を40上げて(英語と小論文だけが試験科目の)慶應大学(のSFC、要は本キャンとは違う学部)に現役合格した話















昔流行った『ドラゴン桜』のリアル版かと思ったら全然違ったでござる



塾に大金払えるだけの家庭環境と元から成績が良ければ落ちこぼれても取り戻して慶応・・・のどっかしらには引っかかる


という話なので遠まわしに「金のない家と高校までに勉強できなかった奴は高学歴ほぼ無理」というみんな知ってるお話であった。


ちなみに表紙に写ってる人は慶応に合格した本人ではなく


ishikawa4




石川恋さんというステキなモデル/タレントさんなので本人だと誤解しないように


(モデルになった子は金髪ではなく黒髪です。)