2015.7.22 03:00

ホーキング博士が地上最大規模の宇宙人探査計画を発表!「地球外知的生命体は必ずいるはずだ」







ホーキング博士、地球外の知的生命体探査 史上最大の計画を発表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150721-00000007-jij_afp-sctch
200x150

記事によると
・20日、英理論物理学者のスティーブン・ホーキング博士は地球外の知的生命体を探査する計画を発表した

・この計画は史上最大規模のもので、1億ドル(約124億円)、10年を費やして宇宙を調査していくという

・ホーキング博士は「無限の宇宙には、他の生命体が存在しているはずだ」「地球外生命体を探すべき時が来た」と話した




この話題に対する反応

・探し出せてもし意思の疎通できたらいっぱい文句言われそう。映画とかあんなヴィジュアルじゃないみたいなw

・凄い金額使うなーと思ったけど新競技場の建設費用の方が遥かに天文学的な事に気づいたw

・これの結果、リムパック最中の米艦隊のところに宇宙人が攻めてくるとか?独立記念日あたりの米国本土でもいいけど。

・124億。新国立の1/10と考えるともっとお金かけてもいいテーマだと思っちゃうね。

・成果を期待するのは難しいかもしれませんが、夢を見たいものです

・ふおおおおおおおおこれは滾るロマン!!! 私が生きているうちに宇宙旅行にも行きたいし! 全力で応援しますね!!!

・知的生命体は必ずいると思います。いない方がおかしい。










スティーヴン・ホーキング - Wikipedia

スティーヴン・ウィリアム・ホーキング (Stephen William Hawking 1942年1月8日 - )はイギリスの理論物理学者である。
一般相対性理論と関わる分野で理論的研究を前進させ、1963年にブラックホールの特異点定理を発表し世界的に名を知られた。1971年には「宇宙創成直後に小さなブラックホールが多数発生する」とする理論を提唱、1974年には「ブラックホールは素粒子を放出することによってその勢力を弱め、やがて爆発により消滅する」とする理論(ホーキング放射)を発表、量子宇宙論という分野を形作ることになった。現代宇宙論に多大な影響を与えている人物。



関連記事

天文物理学者のホーキング博士「地球を捨てなければ 人類は1000年後に絶滅するだろう 」








ワクワクする話ですな

頑張って成果を出して欲しい









GOD EATER RESURRECTION クロスプレイパック&アニメVol.1 限定生産 【Amazon.co.jp限定特典付】(アイテム未定)
バンダイナムコエンターテインメント (2015-10-29)
売り上げランキング: 125