2015.8.31 12:30

TOKIOは知ってた『ブドウについてる白い粉』の正体! 「農薬だと思っている人が多くて残念」と農家は嘆く







ブドウについてる白い粉の正体は・・・?





白い粉は新鮮さの証なので粉を落としちゃいけません



「知らなかった」の声多数












店によってはちゃんと説明してるところも






冷静なツッコミが炸裂












正体はブルーム(果粉)と呼ばれるものです。
実から出る成分が粉になり、食べごろと新鮮さを表しています。
さらに、水分の蒸発を防ぎ、うまみを守り保ちます



ブドウに付く白い粉は何?
http://www.ja-gp-fukuoka.jp/education/akiba-hakase/002/015.html
1440991035158

(記事によると)

015


白い粉は、果実に含まれる脂質から作られたろうが表面に出てきたものだよ。ブルームとか果粉とか呼ばれていて、ブドウの病気を予防し、鮮度を保つ働きがあるのさ。

 果実の表面のブルームは、雨や朝露などの水分をはじいて、果実の病気を防いでくれるんだ。また、果実から水分が蒸発するのを防ぎ、新鮮さを保つ働きもあるよ。ブルームは水に溶けず変化しにくいので、温度や湿度など環境の変化から果実を守っているんだ。ブルームが多いブドウと少ないブドウを比べると、少ない方が粒割れが多いことも分かっているよ。

 ブルームを農薬だと勘違いする人がいるけれど、そうじゃないんだ。ブルームがたくさん付いていても安心して食べられるよ。むしろ、果実が新鮮かどうかの目安になるのさ。


実はきゅうりにもついていた・・・が










比較


カビが生えてるみたいだとか言われてブルーム付きのきゅうりは減っているらしい











白いカビみたいなもんだと思ってたけど気にせず食べてた・・・


にしてもTOKIOは農業の事なら何でも知ってんのな