2015.10.31 02:00

ゆうパック誤送でクワガタ240匹が全滅した訴訟、日本郵便に7匹分5600円の賠償命令!残りの233匹は認められず




前回

ゆうパックで「クワガタ」配送 →誤配でクワガタ全滅、郵便局が全部捨てる →採集家が提訴「死体にも価値あったのに」





ゆうパックの誤配でクワガタ死ぬ 7匹分5600円の支払い命じる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151030-00000546-san-soci
1446207254885

記事によると
・「ゆうパック」の誤配が原因で、荷物の「アマミノコギリクワガタ」240匹が死亡したとして、荷物の送り主が日本郵便に約19万円の損害賠償を求めた訴訟

・大阪地裁の柴田義明裁判長は「送り主の承諾を条件とするような条項は約款に存在せず、クワガタが死ぬ可能性を承諾していたとは認められない」と指摘

このうち7匹について「取り扱い上の注意を怠ったのが原因だ」として日本郵便の賠償責任を認定、販売価格に相当する5600円を支払うよう命じた




この話題に対する反応

・賠償金を支払っても命は戻ってこないのに。哀れだ。

・荷物がクワガタだったから話が複雑になってるけど、宅配頼んでラベルが間違ってたとか届かないとか、宅配会社として普通にマズイですよ。

・生き物だから遅配は命取り。誤配がなかったら助かった命かもしれない。「死んでも知らないよ」じゃ、やりきれないね。

・賠償命令!? 生き物宅配すること自体おかしいだろう...。こんな判決あるかい!!

・免責規定があっても明らかなミスである場合までは免責されないという判断です。常識的な判断です。

・額がワロタ

・240匹のうち7匹だけが賠償責任の範囲だと、どうやって決めたんだろ? 大の大人が、法廷でクワガタ摘んでやりあってる様を勝手に想像してワロタ(^o^)

・にしても・・・コレって原告、被告双方、納得出来ないんじゃね?(´・ω・`)



















240匹中7匹だけ認定ってすごく曖昧・・・しかも5600円って

訴訟費用はどっち持ちなのか気になる