• 3日ランキング
  • 1週間ランキング
  • 月間ランキング



前回

1冊64800円で96巻も販売中の”亞書”シリーズの考察が話題に! 国会図書館に登録されているが著者も出版社も正体不明





1冊6万円謎の本、国会図書館に 「代償」136万円
http://www.asahi.com/articles/ASHBY3VSMHBYUCVL008.html
200x150 (1)

記事によると
・ギリシャ文字やローマ字が無作為に打ち込まれた1冊6万4800円のシリーズ本『亞書』が、国立国会図書館に78巻納本された

・国会図書館は納本された本の定価の5割と送料を「代償金」として発行者に支払う仕組みがあるため、すでに42冊分の136万円余が発行者側に支払われている

・亞書が国会図書館に納本されると、ネットで「代償金目当てでは」と炎上した

・亞書を発売した『りすの書房』は代表取締役の男性が一人で運営しており、「自分が即興的にパソコンでギリシャ文字を打ったもので、意味はない。本そのものが立体作品としての美術品とか工芸品」と説明した






亞書のサンプル
http://kininarujiken.blog.jp/archives/1043763187.html
a8aea62b

08d68605






この話題に対する反応

・こいつ天才か

・詐欺じゃねーかwwwwwwww

・やたら金かけた同人誌か……78巻×20部×1冊3万かけてて1冊も売れてないって,4500万以上もかける予算があったの……

・この一件にはあの「カラオケボックスで自分の曲をかけ続けて著作権料をもらっていた」を思い出す。知能を感じる

・納本は義務だけどお金出るのか。しかもゲラの時点で選定してるとか思ってた。無駄に高い本なんて沢山あるし、月一千万くらい出ていっててもおかしくない気が…すごいなぁ。

・おれも100億円の絵本だすわ

・暗号文ですらないのか。変な商売が成り立たないようにしておくれ。



















>本そのものが立体作品としての美術品とか工芸品

この言い訳はちょっと苦しんじゃ・・・











コメント(155件)

1.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:00▼返信
はちまはゴミ
2.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:01▼返信

「ゴキブリこれにどう答えるの?」と書き込みしてた43歳無能無職童貞ニートのご冥福をお祈りいたします。
3.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:02▼返信
定価の半額で引き取ってくれんのか
ブックオフに出すよりいいな
4.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:03▼返信
ミャフコフスキーってだれやw
5.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:04▼返信
>>3

自分で作った本やで
6.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:05▼返信
ゴキブリこれにどう答えるの?
7.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:05▼返信
>>2
暇なんだな。スクリプトか何かか?
人の事は言えんけど
8.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:06▼返信
意味が無い本に6万の価値なんかない。
タダでもいらんだろ。
著者や出版社が不明なら売上は何処に消えるのか。
詐欺事件とすべき事案じゃないかな。
9.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:06▼返信
ゴミに金出すなよ
10.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:06▼返信
美術品とか工芸品なら国会図書館に入れる必要ないんじゃね
11.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:07▼返信
ヴォイニッチ手稿のほうがまだ面白いわ
12.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:08▼返信
これ前もやったでしょ
13.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:09▼返信
商売どころか、インタビューによると一冊作るのに3万円ほど掛かっているため、納本制度でも利益が少ないらしい。
14.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:09▼返信
じゃ一冊一兆円の本出すわ
15.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:09▼返信
>>2
マジで!ご冥福
16.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:11▼返信
美術品なら国会図書館に収めるのはおかしいな
17.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:11▼返信
これを金目的の詐欺と断定するのは早いんじゃないか?
ハードカバー本を一冊だけ3万で作るのは無理だろ
18.投稿日:2015年11月01日 17:12▼返信
このコメントは削除されました。
19.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:13▼返信
内容の無い本を1冊だけ作る
→それに6万円と定価を付けて、販売実績を見せかける為にAmazonで販売。
 (実際に売れる必要は無いし、6万の本を買う人も無い)
→Amazonで販売実績がある事(≠売れた事)を証明に国会図書館に納品。
→納品すると定価の半額が国会図書館とか支払われるので3万円ゲット。
 これを42巻分を行って136万円をゲットって流れ。
20.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:13▼返信
こういうのって審査とかないのかw
21.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:14▼返信
これを知的犯行とか言ってる奴はふだんどんだけ頭使ってないんだ?
22.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:14▼返信
納本制度って金もらえるんだ?
ちなみに日本国民は出版の際に納本の義務があり、本来は同人誌と言えど国会図書館に納本しないといけないんだが
罰則がないので適当なんだよな

>>3
納本できるのは出版人のみやで
23.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:15▼返信
アート無罪
24.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:15▼返信
半額支払いとか規定無くせばいいのに
25.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:16▼返信

浅ましい
26.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:16▼返信
>>17
他には販売されてないし所在地は何故か床屋で
経営者は行方不明でその家族しかいないらしいんだよなぁ・・・
27.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:16▼返信
たまげたなあ
28.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:16▼返信
>>20
納品時に審査とかしだしたら制度の意味が薄れちゃうと思う
29.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:17▼返信
詐欺やん
30.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:18▼返信
美術品や工芸品てことは出版物じゃないから図書館に所蔵するのは畑違いだよね?
31.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:18▼返信
逮捕しろ
32.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:19▼返信
他にもいっぱい出てくるだろ 調べろ
33.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:21▼返信
芸術品なら図書ではないから返金するべきだな
34.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:21▼返信
>>26
行方不明の人間が堂々とインタビュー答えてんのかw
35.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:22▼返信
何でそんな生産性の無い事をやってるんだろう
純粋に消費者が欲しいという本を作ればいいのに
36.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:22▼返信
>>17
製本業者に頼んでも1冊4~5000円くらいからできるよ?
37.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:22▼返信
これ似たようなの100万円ってしたらお金くれるん?
38.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:23▼返信
レースのホモロゲ規定みたいに一定数出版されないと対象にならないみたいなのは必要じゃね?
39.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:23▼返信
販売実績が無い本は仕入れないとか、チェックをしっかりして欲しいね
40.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:24▼返信
美しい国日本。
41.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:24▼返信
>>34
その家族らしいやつがいつ帰ってくるのかわからないと答えてるらしい
42.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:24▼返信
言い分ひでえなこれ
ただのゴミ以外のなんでもないやんけ
43.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:25▼返信
犯罪組織とかワイロとかじゃなく、システムの隙をついたってこと?
半額で買うって制度をさっさと辞めるべきだな。
44.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:26▼返信
消費税上げる前にこういう本当に無駄な税金無くす努力しろよ
だから役人は国民に寄生するサナダムシって言われるんだよ
45.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:26▼返信
お前らが実際に同じことを真似してみようと思って調べたらすぐにわかるが
これ全くと言っていいほど儲け出ないぞ 中身が全部白紙で手作りの表紙なら儲かるが
46.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:27▼返信
悪人が政府にたかるのは基本になってるからな
民間企業は必ず強烈な審査があるから騙しづらいが、
政府の制度ってのは民間企業の審査に比べれば非常にガバガバだから少しこねくり回せばいくらでも金がわいてくる
政府はそういう経営してても倒産もしないからね
47.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:27▼返信
むかしダイヤルQ2の登録して適当なもの流しっぱなしにして
無限度数のテレホンカードを使って人の来ない田舎の電話ボックスからかけて
ぼろ儲けしたした人の話しを思い出した
48.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:28▼返信
完璧な詐欺


こうしてまた☓100万回のごとく税金がドブに捨てられたわけで
49.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:28▼返信
実は全部暗号でした……あり得ないな絶対
ただのゴミで間違いない
50.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:30▼返信
>>14
控えめなやつだなw
1000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000兆円にしろよw
51.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:30▼返信
はちまでみた
52.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:30▼返信
こういうのはやく○さんが既に通った道、総会屋ってやつで自作の本買い取ってもらいに来るそうな
当然見つかったら返還求められてる
53.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:30▼返信
てかこれ氷山の一角だぞ。同じ住所の別の名前の複数の出版社名義で計400冊。
全部払われていたら計1000万円相当の疑惑が出てきてる。
54.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:30▼返信
とりあえず亞書という単語に厨二病的なアレを感じました(小並感)
55.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:31▼返信
way hey and up she rises
ealry in the morning
セイッ!
56.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:31▼返信
これは逮捕して刑務所にぶち込め!!
57.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:34▼返信
詐欺の適応できるのだろうか?
58.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:34▼返信
値段が普通で一冊限りなら実験として評価した
59.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:35▼返信
これが成り立つなら真似する人増えそう
60.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:35▼返信
芸術作品と言う言葉を盾に
詐欺行為は辞めていただきたい
61.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:37▼返信
>>57
無理だろうな 出版したらいかなる本でも納入が義務付けられてるから法律上正しいのはコイツの方
音楽でも無音の曲、一音だけの曲なんてのが売られてるわけで、意味不明で6万の本を作っちゃいけない法律は無い
62.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:39▼返信
図書館では、今回の騒動に関しては把握していなかったそうだ。担当者によると、
架空の書籍等に高い価格をつけるという手口は、以前から頻繁に行われているそうだ。
例えば、総会屋が国会図書館にやってきて、「この本は100万円するから50万円を払え」
などと恫喝してくることもあるというのだ。そのような要求は、全て断っているという。
(探偵watchより)

たぶん6万円って少額だったからすり抜けたんだと思われ。
63.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:41▼返信
>>53
まじか、よくこんな事思いつくもんだなぁ
はよテレビでニュースにしろよマスゴミ
64.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:41▼返信
>>1
はちまはサイトであり、物理じゃないのでゴミではありません
65.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:41▼返信
エリート官僚様なら似たような手口でもっとあら稼ぎするんだよね?
66.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:43▼返信
要するに汚職やろ
67.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:43▼返信
官僚関係ないのに話を逸らす奴・・・あっ(察し)
68.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:43▼返信
別に法律上OKなのでやってもいいけど
それやってる奴の名前晒せや
69.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:44▼返信
なんでこれが汚職になんだよ
詐欺だ詐欺
70.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:44▼返信
>>61
しかしこれって「本」の定義から外れてない?
見た目だけ本に見える物でしかないような・・・
71.投稿日:2015年11月01日 17:46▼返信
このコメントは削除されました。
72.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:47▼返信
\世界一かわいいよ/
73.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:47▼返信
これがまかり通るなら、法律を変えないとダメだろ
一定部数売れたものでないとダメにしないとダメダメダ
74.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:48▼返信
おっそ
いつのニュースだよ
75.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:48▼返信
>>70
見た目が本であれば本と言うしかない 中身が意味を成しているかどうかを判断するなら
400文字の適当な文章を1ページに1文字ずつ打ってもいい
その辺をガチガチに固めようとすると今度は絵本やラノベが本じゃない扱いになる
76.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:48▼返信
小説も意味がないものだからこれも芸術作品といえなくもないなwww
フィボナッチ手記だかなんだかの謎の本も,謎の本というそれそのものに意味があるわけだし
77.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:49▼返信
日本で発行された本は例外なく国会図書館に行くってRODのコメンタリーで言ってたような
78.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:50▼返信
3年間一度も貸出が無かった本の出版元はその元値を支払わなければならない
っていうのを作ればいい
79.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:52▼返信
>>78
自分で借りにいくか、他人に金払って一度借りさせるだけで簡単に回避できるなw
80.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:53▼返信
本当にこれって合法なのか?
こんなの誰も思いついてないほうが不思議なんだが
一冊一兆円の本とか作って持って行ったらどうなんのよ
81.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:57▼返信
同じことする中国人や韓国人が出てきそうやな
82.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:57▼返信
>>80
法の盲点を突いたやり方
黒に限りなく近いグレー

昔は押し売りやボッタクリ目的の客引きが合法だったこともあるんやで
今後法整備しないとこういうアホがどんどん出てくる
83.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 17:58▼返信
じゃあもう、本を出版し一般に売る場合、必ず国会図書館に少なくとも一冊は無償で贈与しなければならない、ってのを作ればいい

それを行ってない本が出版され売られていた場合、犯罪
84.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:01▼返信
本一冊作るのに3万とか絶対かからんしボロもうけやんこれ、完全なる詐欺やな
85.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:01▼返信
詐欺確定
86.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:04▼返信
国会図書館側が出版された本は必ず買わなければならないっていう義務に縛られているのが法律のアホな点
87.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:05▼返信
>>84
製本所にデータで入稿して印刷してハードカバーつけてもらうってやつだと
10冊で5万から、みたいなとこばっかだから赤字になる
自分で印刷して持ち込んで表紙だけつけてもらうなら1万ぐらいで行けそうだけど
サイト作ったり仕込みにかかる時間を考えると怪しい橋渡るにはあまりにも見返りが少ない
88.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:08▼返信
造った本人が「本じゃない」(立体作品としての美術品とか工芸品)と主張しているのだから(「書籍」扱いから外しても)何も問題ないな?(笑)
89.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:09▼返信
>>87
守屋くんは元々文学やってる奴やし
名義も複数使い分けて、入水名義のブログで製本のいろはを語ったり
詐欺行為自慢したりとノウハウあるぞこいつ
90.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:11▼返信
別に違法でもないし、この錬金術考えたやつ天才だな
91.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:13▼返信
で、社長の名前は?
92.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:14▼返信
amazonにも並んでいないものを図書館に入れるとかキチガイかいな
93.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:15▼返信
>>91
守屋航

守屋が入水名義のブログで詐欺自慢してた音楽レーベルの取締役が迫田圭
94.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:15▼返信
何回同じ記事あげてるんだよ
ボケたのかバイト
95.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:18▼返信
あっしょ····
96.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:18▼返信
迫田圭の写真みたらこいつが入水そとだと確信したとともにがっかりした
97.ネロ投稿日:2015年11月01日 18:20▼返信
ま、そうやろな


はあ~美味いな原酒♪
98.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:28▼返信
そっかぁ俺も適当な本作って100臆で売れば税金ガッポガッポ手に入るんだぁ


税金泥を許すな
99.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:28▼返信
>>90
ふつーに考えて「悪いこと」って分からないかな。
違法ではないというより、法律に「悪いことのパターン」が網羅されてないだけだよ。

まー。結局悪いことには違いないんだから、結局はてきとーな名目で「違法」ってことで処理されるんだけどな。
100.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:29▼返信
よし、一冊100万で全1000巻の超大作を作れば俺にも振り込まれるんだよな?
101.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:32▼返信
作った、なら使っていい
102.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:34▼返信
>美術品または工芸品

書籍でないなら、国会図書館に納本するべきではないな。
103.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:35▼返信
>本そのものが立体作品としての美術品とか工芸品

それなら何故、国会図書館に?そのセンスが無い絶歌みたいなやつ他の美術館に寄付すれば良いのに。拒否られるのが怖いのかな?
104.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:35▼返信
>>20
一般常識レベルで詐欺本だと思っても実際に立証するのには手間がかかるし
そのノウハウもない。自分のカネが出て行くわけじゃないし、
詐欺本と断定した後で作者が「これは私が受信した神のメッセージを人類への警告として
書いた聖典だ!お前は言論弾圧するのか?」とか絡まれたら対応だけでとんでもなく時間食うだろ
面倒くさいから
「本の内容では審査してない。言論弾圧だから。ちゃんと製本されてるし、詐欺の認識はなかった」
とか言い訳してスルーしちゃうお役所仕事なんだろうなw
105.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:37▼返信
あ、しょう
106.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:39▼返信
問題があっても図書館が選定始めたらおかしなことになるから、
見せしめのためにこいつを社会的にきっちり追い込むのが一番いいと思うけどね
107.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:41▼返信
>>103
美術品や工芸品って国会図書館で保管できないよな?
行ったことないからそこのところよくわからんが 国会図書館より美術館なんかに納本すべきじゃないかこれ
108.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:49▼返信
天才やな

こんな詐欺まかり通ったら国会図書館なんて一瞬で潰れるぞ
109.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:50▼返信
これ絶対、合法的な詐欺だ
血税をそんなものに使うなよ
110.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:52▼返信
普通に全面寄付になるだろうな
お前らの好きなアメリカ様もそうしてる
111.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:53▼返信
あぁしょう
112.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 18:57▼返信
対処方法考えないと模倣犯が絶対出る
113.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 19:14▼返信
本じゃなくて芸術作品だっていってんだから返却しろよ
114.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 19:14▼返信
よく思い付くな
115.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 19:18▼返信
安倍使えねーな 仕事しろ

これがアヘノミクスの実態かw
116.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 19:18▼返信
計画犯罪
117.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 19:25▼返信
まさかいくらテョンとは言え
これを<丶`Д´> アベガー
言う馬鹿がでるとは流石はちま米欄
118.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 19:34▼返信
勝手に送ったんでなく
納品は義務なのか
119.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 19:41▼返信
詐欺だ
120.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 19:44▼返信
これ宗教本とか言われてたよな
121.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 19:45▼返信
(--;)だね
122.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 19:50▼返信
実はこれ、特に斬新な手法でもないんだよね
ネットが発達したおかげで陽の目?を見た事案だけど
これで千万単位の金をせしめた猛者が過去に何人かいた模様
123.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 19:59▼返信
こういうの結構居るんだろうな
納品義務あるし
124.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 20:04▼返信
>>100
あまりにも非常識な値段のものはダメだと国会図書館側が言っている。
125.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 20:07▼返信
>>87
すでに削除済みのブログに書かれていた内容から、様々な本(楽譜など)に高価格をつけて売りつけている常習者だということがほぼ確定してっから。
126.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 20:28▼返信
詐欺
127.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 20:30▼返信
ちょっと1億円の本作って来る!
128.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 20:36▼返信
現代のヴォイニッチ手稿か
129.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 20:54▼返信
金稼ぐなら定価もっと釣り上げれるのにそうはしてない所を見ると
法の穴を抜けてみせると言うパフォーマンスがしたかったんだろうよ

今頃は勝利の余韻でメシウマしてるはず
130.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 20:55▼返信
このご時世電子データの納入だけでええやん
131.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 21:02▼返信
もし除外するにも対処方法考えるのが難しそう
132.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 21:23▼返信
国が詐欺師に騙されるとは情けない
133.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 21:26▼返信
誰も読みたいと思わないような物(書物と言えない)を図書館に置くなんて文学の冒涜でしかない
134.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 21:34▼返信
ゴミに税金が使われるとは…

返品しろよ!!誰も見ないわ!
135.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 21:39▼返信
意味はないと言いながら美術とか
本を舐めてんのか
136.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 21:45▼返信
保証金の限度額3000円までとかにしたら
137.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 22:08▼返信
うめーなこれ
俺もやるわ
要は

くぁwせdrftgyふじこlp

なもの並べて適当に10万円って値札つければええんやろ?
138.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 22:35▼返信
あっしょ。
139.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 22:53▼返信
美術品とか工芸品 とかってなんだよwww3
140.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 23:01▼返信
>「カラオケボックスで自分の曲をかけ続けて著作権料をもらっていた」

これ思い出したわ
楽な商売だわな、登録さえすりゃそれだけで国から金を搾取できるんだからさ
141.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 23:18▼返信
あーーーでも実際、同人誌納本した人いるしなぁ……
ま、その人はちゃんとした民族学的な本で、監修みたいなのを大学教授にお願いしてあった
……のをコミケで買ったw
個人で発行したのでも納品すれば国会図書館でほぼ一生保管してくれるからなぁ
個人でとはいえ、面白い本だったから、良いんじゃね?って思ったけど
こういうのを聞くと、一概には全部を受け入れるのは……って思っちゃうね
142.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 23:23▼返信
まあ調査始まってるし実際に本としての価値が無かったり、蔵書する必要性がないと判断されればお金は返納する流れになるでしょ
143.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月01日 23:26▼返信
悪質やなあ
144.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月02日 00:55▼返信
これは制度の穴を放置した国も悪いな
褒められた行為ではないがたかが100万程度ならまぁよくやったと言えない事も無い
ホワイトハッカー的な警鐘目的として許そう
ルパンやねずみ小僧的で痛快でさえある
145.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月02日 00:58▼返信
近所の図書館行ってみ
北斎だかなんだかの数万の美術本が全巻そろってたりするから
ああいうのは公立図書館の納品目当てで横行してる
今回のはこういった穴だらけのシステムに警鐘ならしてんだよ
146.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月02日 01:38▼返信
そして始まる返金鬼ごっこ。
いつまで逃げ切れるか楽しみだ。
147.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月02日 01:58▼返信
まあ逮捕されるよね・・・
148.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月02日 02:20▼返信
これ自体は数字を見る限り詐欺になるほど儲かるとは思えないんだけど、
それより朝日新聞がこの件で微妙に保守的な論法で作者に擦り寄ってたのが気持ち悪い
149.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月02日 02:21▼返信
日本人じゃなくて中国系あたりの図太さを感じる
150.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月02日 02:25▼返信
※133
この作者はこの作者として問題がある気もするが、
誰も読みたいと思わないようなものほど保管しなきゃいけないのが図書館だろ
図書館が芸術家ぶった文学ごときのためだけに存在すると思ってるようじゃ、ツタヤ図書館やこの作者と同レベルの出版文化に対する冒涜だぞ。
151.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月02日 02:26▼返信
※149
お前のそのコメントもな。
152.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月02日 04:14▼返信
>>141
日本語訳聖書に至っては通りやすい値段を調べるためなのか値段バラバラ
ISBNの分類コードも宗教、キリスト教という専用のがあるのに滅茶苦茶なものを宗教系は突っ込まれにくいのをいいことに不正取得

亞書に至っては芸術作品と嘘日いていながら分類コードは産業総記、磁性媒体という虚偽申請でISBN不正取得
ちゃんと芸術用分類コードがあるのにわざわざ別のISBNコードを取得する時点で怪しまれて当然
153.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月02日 04:37▼返信
適当に作ったゴミじゃん
154.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月02日 07:24▼返信
こんなゴミ本のために税金が使われるのはどう考えても理不尽
155.はちまき名無しさん投稿日:2015年11月02日 19:12▼返信
『本日演奏される『モテトゥス第1番〈アヴェ・マリア〉』の現行の出版譜は三種類ある。
ファクシミリ版は、たった28ページで八千円という、なかば詐欺まがいの代物で、
公立図書館の馬鹿どもをだまくらかすために出した版であるから、
個人が手を出すべきものではない。演奏用のA4判も、たった8ページで二千円もする。
そんなわけで、どうしても楽譜が欲しい物好きがいたら、手のひらサイズのポケットスコアがおすすめである。 』著者のブログ(炎上後削除済み)より
以前から、詐欺をやってた。今更なにを言っても言い訳。

直近のコメント数ランキング

直近のRT数ランキング

×