2015.11.15 18:20

【パリ同時多発テロ】左翼弁護士・小倉秀夫氏が「このくらいのテロで非常事態宣言か」とツイートして炎上







小倉秀夫氏のツイートより















ツイッターで反論されまくった後














第5共和国憲法16条の非常事態宣言の要件は「共和国の制度、国の独立、領土の保全又は 国際的取極めの履行が重大かつ切迫した脅威 にさらされ、かつ、憲法上の公権力の正常な 運営が妨げられた場合」だけど、このくらいのテロでも非常事態宣言してしまえるのだなあ。

もちろん、大変な事件であることは否定しないけど。

日本でも憲法改正して国家緊急権条項とかいれたら、このクラスのテロ一本で発動されてしまおそれがあるってことですね。

治安部隊で制圧できる程度の事態で非常事態宣言を出されてもなんだなあという気はしますね。既存の法制度の想定範囲内であれば、想定通りに国家権力を行使すれば良いのであって。



まあ、右派の皆様が緊急事態宣言に憧れていることはよくわかりましたね。憲法を改正して緊急事態宣言が可能になった途端、濫用されるんだろうなあ。

右派の皆様は、緊急事態条項が導入されたら、殺人事件が起こるたびに緊急事態宣言して国会を機能停止させる気かいな。

まあ、はからずも、憲法改正により緊急事態条項が創設された場合に、その濫用的な発動に反対する人々に対しどういうプロパガンダを右派が仕掛けてくるかが垣間見えましたね。


この話題に対する反応

・100人以上死んだテロを「このくらい」で片付けちゃうんだから、依頼人の事なんか何とも思ってないんだろうなぁ。

・テロは小規模でも一律して重大だ

・人の命をなーんとも思ってないんですね。

・言葉の選び方はお世辞にも褒められたもんじゃないけど、妥当性の検証は必要だし、日本で同じことが起きたときどう対処すべきかを問われる事態、ってことじゃないのかな。

・この同時テロを『このくらい』ですか。こいつの倫理観はどうなってんだ?

・自分や身近な人が巻き込まれていても「この程度」とか言えるのかね?

・フランスにとってこの程度じゃねえから非常事態宣言出してんだろ、アホか。










小倉秀夫 - Wikipedia

小倉 秀夫(おぐら ひでお、1968年5月30日 - )は日本の弁護士。東京都葛飾区出身。 東京弁護士会(東京平河法律事務所)所属。知的所有権研究会事務局長。民事訴訟法学会、情報ネットワーク法学会会員。

来歴・人物
東京都立両国高等学校卒業。 早稲田大学法学部在学中の1991年、23歳で司法試験に合格。翌1992年に同学部を卒業後、司法修習生を経て、1994年に弁護士登録。2000年から中央大学法学部兼任講師をつとめる。
知的財産権・インターネット関連法規の訴訟を多く手がけており、まねきTV裁判の弁護団をつとめた。













仏大統領と独外相が観戦してるサッカー場でテロがあったわけだし、非常事態宣言もおかしくないと思うんだけど・・・










「艦これ」運営鎮守府公式カレンダー2016  壁掛け B3
エンスカイ (2015-12-21)
売り上げランキング: 4