2015.11.23 01:20

小学校の足し算のルールがわけわからんと話題に 「9+5=14」←不正解 「5+9=14」←正解







「足し算の順序」アナタは大丈夫?
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1907301
1448195832022

記事によると
・あるツイッターユーザーが、子ども向けの算数問題を写した画像を投稿した

・問題は「くるまが5だいとまっています。9だいくるとなんだいになりますか?」というもので、9+5と書いた子どもは不正解だったという

・子どもは『あとから9台来たんだから5+9じゃないとダメ』言われたという










この話題に対する反応

・「計算の過程を疎かにしないように敢えて厳しくしてる」という話は聞いたことがあるが…なんとも釈然とせんよなぁ……

・こういう風に教えるから算数嫌いになって数学嫌いに繋がるんだよなぁ。数学キチみたいな人に会った方が数学を好きになれる。9+5だろうが5+9だろうがどうでもいいでしょうに……

・「何台になりますか?」という問題なんだから式云々は関係ない。

・この教え方だと100円のリンゴと120円のミカンがあります、みたいな問題に全く対応できてないんですがいいんですかねえ?

・足し算が交換できるという感覚は非常に重要な感覚なのだが.抽象的な思考を育むのは難しいからそこにくだらない雑な理由で転ばせるようなことはしないでくれ.

・結果としては正しいかもしれんけど、文章題だからって考えると5+9な気もする。結果だけならどっちでもって思うけど、式って事と面倒だからその先生の前ではそうしとけって思う。

・先生A「a+b=b+a」 先生B「a+b≠b+a」 これは問題やな










関連記事

【理解不能なルール】「1個100円のリンゴが5個あります。合計の値段は?」 5×100=500円 → 不正解

小学校3年生の算数問題が理解不能だと話題に 「21÷7 何段の九九を使えば求まる?」 答え 3の段 ← 不正解です










これを徹底すると交換法則を習う時に混乱しそう