2015.12.16 14:50

Wi-Fiは人を殺す? 15歳少女が「もう電波に耐えられない」と首吊り自殺





やはり電磁波で人は死ぬ!? 15歳少女が「Wi-Fiアレルギー」で死亡するまで
http://tocana.jp/2015/12/post_8276_entry.html
redx

記事によると
・今年6月、イギリスに住む15歳のジェニー・フライが「これ以上Wi-Fiの電波には耐えられない」と遺書を残し自宅近くの木に首を吊り死亡した。

・ジェニーは2005年にWHOも電磁波過敏症の存在を認めている電磁波過敏症で苦しんでおり、彼女はWi-Fiや携帯電話、携帯の基地局などから放射される電磁波を感じ取って頭痛や疲労、集中力の低下に悩まされた挙句、肉体も精神も衰弱してしまったとのこと。

・ジェニーの両親は学校に対して再三にわたって電波状況の改善を要請したが、彼女の通っていた学校が電磁波への対策に乗り出すことはなく、担任教師の理解は最後まで得られなかったそうだ。

抗電磁健康活動家のアーサー・フィステンバーグ氏「電磁波過敏症の子どもにとって、Wi-Fiは常に全身へ毒物を浴びているようなものです。学校は子どもたちの健康に責任を追わなければならない」





電磁波過敏症とは

電磁波過敏症または電磁場に起因する特発性環境不耐症とは、「ある程度の電磁波に曝露すると、身体にさまざまな不調が現れる」とする疾病概念、心気症の一つであるとされ、健康を害する電磁場に曝されてるという観念事によって引き起こされると称されている症状、疾病を記述する用語である。「特発性」(idiopathic)とは原因不明であることを意味する。現状、明確に疾病概念は定まっていない。

アメリカ合衆国の医学者であるウィリアム・レイによって「Electrical Hypersensitivity(電気過敏症)」と命名された。電磁波および電磁場の健康への悪影響については否定的な見方があるが、現在でも様々な疫学的研究が行われている。

この話題に対する反応


・電磁波過敏症初めて聞いてwiki見たら科学的根拠がないとあった パナウェーブ研究所医療機関説

・自己暗示が強すぎたからかも……

・もし本当に心因性ならば、電磁波過敏症を抑える薬と言ってプラセボを与えればよい。しかし、プラセボはプラセボと見ぬかれては意味が無い、つまり患者を騙さなければならないという問題があるけれど。

・これは科学的に怪しい。WiFiアレルギーっていう言葉を作ることで、パニック障害みたいに恐怖を存在するものとして自己洗脳しているような感じ。悪霊と同じ…




















かなり昔から存在自体は聞いたことがある病気だね

電磁波を感じ取っちゃうのは、今の世界だと生きることすらかなり辛そう











Fallout 4
Fallout 4
posted with amazlet at 15.12.16
ベセスダ・ソフトワークス (2015-12-17)
売り上げランキング: 5


鈍感力 (集英社文庫)
鈍感力 (集英社文庫)
posted with amazlet at 15.12.16
渡辺 淳一
集英社
売り上げランキング: 5,418


考えすぎない (アルファポリス文庫)
本多 時生
アルファポリス
売り上げランキング: 4,022