2015.12.23 07:30

「自称ゲーマー」は収入が少ないプア層に多いという悲惨な調査結果が出る







「自称ゲーマー」は収入が少ない、という米調査結果
http://wired.jp/2015/12/19/survey-gamers-are-poorer/
1450822519836

(記事によると)

米国人の半数がゲームをプレイするが、自称ゲーマーたちは、単にゲームをプレイする「非ゲーマー」たちと比較すると、年齢は若く、男性で、白人以外の人種であり、収入が少ないという調査結果が発表された。


01-pewgamer-001-980x735




自らを「ゲーマー」と呼ぶ傾向は男性の方がはるかに高い。
その割合は、女性が6パーセントに留まっているのに対し、男性は15パーセントとなっている。

すべての所得層において、年間収入が3万ドル以下の人々は、「ゲームをプレイする」と答える割合が最も少なかった(プレイすると答えたのは46パーセント)。だが、これらの低収入の回答者たちはまた、「ゲーマー」を自称する割合が最も高く、13パーセントに上る。
高収入層(年間収入が7万5,000ドル以上の人たち)の場合は、ゲームをプレイすると答えた割合は52パーセントだが、ゲーマーを自称する割合は7パーセントと少ない。

人種間で見てみると、ゲーマーを自称する割合は、白人の回答者では7パーセントしかいないのに対し、黒人は11パーセント、ヒスパニック系では19パーセントに上る。
また、自称ゲーマーたちの存在は、郊外や田舎よりも、都市環境の方がわずかに多かった。





- この話題に対する反応 -




・自称スポーツ選手も自称評論家も収入は少ないと思うよ。
誇れる仕事がないから、自称してるのだから。

・低収入だと、ゲームしか娯楽がないのか、ゲームを好むと低収入になるのか。

・金のかかる趣味を持てない人がFPSとかに逃避するイメージ。

・単に仕事が忙しいとゲームする暇がなくなっちゃうってだけだろ













ネットでは"大人気"なはずなのに売れてない作品がある理由がわかった