2015.12.31 07:10

SNKがゲーム事業に再注力する理由は「PS4が世界中で爆売れしたから」 かつてのSNKスタッフも戻ってきて『KOF14』鋭意開発中







SNKプレイモアがゲーム事業を強化 その真意をキーパーソンに直撃!
http://www.famitsu.com/news/201512/28096392.html
(SNKプレイモア 取締役 ゲーム事業本部長
野口 穣氏へのインタビューより)

――先日『KOF XIV』が発表されましたが、家庭用ゲーム機で注力するのは、やはりプレイステーション4に?
野口:そうですね。さきほどのお話の続きで言うと、全世界におけるプレイステーション4の好調ぶりも、当社がゲーム事業に注力する大きな後押しとなりました。家庭用ゲーム機に関しては、当面は『KOF XIV』に注力するつもりですが、当社の持つ有力IPをどんどん磨いていって、新たなIPの価値を創出していきたいと思っています。

――『KOF XIV』を開発するにあたっては、ゲーム事業を中心にしていた時代のスタッフが戻ってきているのですか?
野口:『KOF XIV』のスタッフは、かつてSNK時代に主要な格闘ゲームを作っていたメンバーがメインになっています。彼らを中心にして、『KOF』の新作ならば……、ということで、多くのスタッフが戻ってきてくれています。さらに言えば、パチスロ開発からゲーム開発に復活してくれた開発者もいますね。

――家庭用ゲーム機などのほかに、アーケードでの展開は予定していますか?
野口:往年のSNKでは、アーケードから家庭用ゲーム機への流れがありましたが、時代の変化もあり『KOF XIV』では家庭用ゲーム機向けに開発しています。もちろん個人的にはアーケードをやりたいという気持ちはあります。

――かつては『SNK VS. CAPCOM』なども発売されていましたが、国内メーカーとのコラボなども視野に入れていたりしますか?
野口:ゲーム事業への注力を発表したばかりなので、まだまだこれからです。いまは何とも言えません。あまり突っ込まないでいただけると……(苦笑)。今後いろいろとお話できる機会も増えてくるかと思います。新体制になって新しいタイトルをどんどん作っていきますので、これからの展開にご期待ください!



















KOF好きはSONYに足向けて寝られないな


KOFもいいけどストーリーなげっぱのMOWもおなしゃす!