2016.1.8 17:35

北朝鮮の核実験抗議決議の採決で、山本太郎代表らが棄権! 一体誰の味方なんだ・・・






前回

【追記有り】【特別重大報道】北朝鮮が水爆実験の成功を発表! 「我が国は核保有国と同等になった」






 生活・山本太郎代表が棄権 北朝鮮核実験抗議決議の参院採決 与野党31人が欠席 大半は改選組 
http://www.sankei.com/politics/news/160108/plt1601080019-n1.html
200x150

記事によると
・生活の党と山本太郎となかまたち代表の山本太郎参院議員が8日の参院本会議に出席した上で、北朝鮮の核実験に抗議する決議の採決を棄権した

・決議自体は生活を含め全会一致で採択した

・与野党の計31人が本会議を欠席した。内訳は自民17人、民主11人、共産人2、維新・元気の会1人で、このうち計23人が夏に改選を迎える議員だった。



この話題に対する反応


・日本は非難するけど日本の敵は非難できない病
反与党が高じて結果的にいいこと言うこともあるけどなw

・山本太郎は勿論、欠席した議員連中も恥を知れよ!

・放射能はダメで核実験はOKっていう感覚が本当に凄い

・核実験への批難を棄権!?山本太郎を初め、棄権した奴らは世界を危険に晒す事を許す輩!次の選挙で落とせ

・改選組だからといって決議を欠席するのは如何なものか?あとメロリンQは辞職しろ

・よく読むと自民党も17人欠席しているのですね

・棄権した議員の一覧リストがほしいなあ。次の選挙での参考にしたい。

・こんなことやるから投票率が増えないんじゃないかな。政治を任せるのが不安に感じる。








ブログでの本人のコメント




 北朝鮮決議、棄権について 
http://ameblo.jp/yamamototaro1124/entry-12115187998.html
1452244101334

「北朝鮮による今回の核実験に対し、厳重に抗議し、断固非難する」
これは、山本太郎も同じ思いであり、決議して、それを示す必要があると考える。

国会決議は衆・参両院で行われる。今回、決議文の内容はそれぞれ違う。短いので、衆議院の決議文を読んで戴きたい。

国際社会との協調姿勢を示したもの。この内容であれば、当然、賛成以外ない。

一方、参議院の決議文は、衆議院のものに比べ、我が国独自の制裁を強める姿勢が読み取れる。

決議後、それを受けた安倍総理の演説では、「さらに、我が国独自の措置の検討を含め・・」とシッカリと宣言している。

我が国独自の「追加的制裁」は危険だ。あくまで、国際的な合意と協力の形にするべきと考える。

なぜなら、相手側の挑発に対して、より独自の強硬姿勢を示す事は、挑発に乗った形になる。我が国との緊張状態は、より強まる。それは、相手側の思惑にハマった事に等しい。そうでなければ、わざわざ核実験など行なわないだろうし、水爆実験成功とは、とても言えない結果を、大成功と喧伝もしないだろう。

国際協調で制裁を強める、以外に独自に制裁を強める宣言は、かまってチャンに、真っ正面からガッツリ独自でかまってしまう形だ。それを避ける為にも、「国際協調のもと」、と決議する、冷静さが必要なのではないだろうか。

挑発に乗って、リスクに晒されるのは、この国に生きる人々だ。ターゲットになりうる脆弱な原発施設に、ミサイルなどが着弾しても、政府はそれ自体の想定も、被曝防護の具体策も準備していない。驚くほどのお粗末ぶりである。

勇ましい言葉や、独自の強硬姿勢、なめられてたまるか!的なアプローチがどうしても必要だと言うのならば、
高浜原発再稼働など悪い冗談でしかない。少なくとも、日本海側の原子力発電所は、撤退に向けて大至急、事を進めなければならないだろう。


そして、残る理由は2つ。

①拉致問題も、今回の核・ミサイルの決議に加えられてしまえば、追加的制裁の影響により、問題解決が遠のいてしまわないか?拉致被害のご家族の高齢化が進む中、配慮すべき大切な部分である。

②国際的な核不拡散体制、など聞こえのいい話はあるが、世界には何度も人類を終了させるだけの核兵器がまだまだ存在する。専門家によると、米国は70年も先の2080年代まで核兵器運用を想定しているそうだ。結局、この矛盾を前向きに、大きく解決へと進めない限り、「お前ら散々開発して、核兵器山ほどもってて、俺たちにやめろ、ってズルくね?」の解消はありえない。

核保有国の、より具体的な削減案を、唯一の被爆国として引き出し、それをカードに、北朝鮮との交渉を我が国が主導する意気込みこそ本物でありそのような決議こそ、拉致問題に対しても新しい展開が生まれうるアプローチではないだろうか?このような決議に対して、棄権を示す事への風当たりの強さは十二分に理解しています。

この先、我が国がアジアと世界の平和に対して、リーダーシップを示していくなら、決議の中身も、深みのある内容が望ましいと、問題提起を含めた棄権を選択しました。




この話題に対する反応


・山本太郎 原発は危険だが、水爆は安全ww

・国会決議は衆・参両院で行われる。今回、決議文の内容はそれぞれ違う。←これが、先ずおかしいよね。

・一見それらしい主張だが穴だらけ。パフォーマンス議員の面目躍如。

・前回のテロ避難決議の時と大して変わらん言い分だな

・目立ちたがりの「かまってちゃん」は、あなたでしょう。

・ほう、リーダーシップ語りますか。
我が国独自の制裁の何がダメなのか、主権国家として判断するなということなのか、政府に対してアメポチ発言した人、原発反対の人の台詞とは思えませんなー。


・要約すると
「小遣い減る様なことはするな!」

って話ですね。


















欠席や棄権した議員たちのリストください

ブログの通りならわざわざ棄権ではなく反対でよかったんじゃないかな














スマートフォンゲーム『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』コラボシングル「錯覚CROSSROADS」
西木野真姫(Pile),矢澤にこ(徳井青空)from μ’s~ BiBi~絢瀬絵里(南條愛乃)
ランティス (2016-01-20)
売り上げランキング: 62