2016.1.18 18:15

【悲報】成人向け漫画家のぐじら先生、違法アップロードにブチ切れ「2万5千ダウンロードされてた。多分もう描かん」







漫画家のぐじら先生より

成人向け漫画、オリジナルCG集などで活躍中







くじら先生の初単行本は2015年11月に発売





ゼロスとは成年向け漫画誌「COMIC X-EROS」のこと








削除申請して今後の対応は編集と相談することに










この話題に対する反応

・違法DL大好きな人って言葉悪いけど「乞食」であって、それをやり続ける事でこうやって新しい作品が消えていく可能性に気付いてない。増えすぎて本体も殺してしまい、結局自分らも悲鳴あげながら死滅する…ああ、これって寄生虫と同じ図式なんだ。

・アップした人は元になる漫画持ってるわけだ。何でわざわざ金出して買った物を赤の他人にタダで流そうとするのかがわからないな

・2万5千…ひどいなこれ…

・違法ダウンロードしてる人は全く気にしてないと思うけど音楽にしろ漫画にしろアニメにしろ被害被ってるのは作り手
25000違法DLとか1冊100円だとしても250万円以上万引きされてるのと同じだからね

・ひでぇとしか言いようがない。僕は買ってますよ。ぐじらさん好き。

・アップした奴、頼む、美少年であってくれ。

・赤松先生のマンガ図書館Zに相談された方がよろしいと思います。

・なんてこった。発売日から、本屋さん回ってやっと見つけて買った俺に謝って欲しいくらいだ。
違法とかやめてほしい。










関連記事

2015年、『ワンピース』『七つの大罪』などをネットにアップした中国人らが逮捕される

発売前の『ワンピース』をネットで公開した中国人ら4人が逮捕!早バレは配達業者が行っていた模様

漫画『七つの大罪』を海外サイトに違法アップした中国人留学生が逮捕!ワンピース早バレ師と同一グループか

・京都府警サイバー犯罪対策課などは、著作権法違反容疑で配送会社社員の日高武久容疑者(69)と中国人の男ら計4人を逮捕した

・漫画『ワンピース』最新話を発売前に無断で海賊版サイトに公開した疑い

・日本の漫画を無断で掲載した海外向け海賊版サイトの摘発は全国初








海賊版のマンガに広告を付け、広告収益は作者に100%渡す実験が行われる

漫画家・赤松健先生が海賊版マンガに広告を付ける実験!作者の広告収入で驚きの結果が…

先月、作者の許諾を得て行った「ホワイト・リスト&インセンティブ作戦」。
海賊版のマンガZIPをネットの皆さんにアップロードしてもらい、それに広告を付けて無料公開した上で、広告収益は作者に100%お渡しする
という画期的な実験でした。
この方法なら、海賊版マンガにダメージを与えつつ、楽に作品データを収集して作者の収益へと繋げることができます。











作者の名前でググると違法アップサイトが引っかかるくらいだからなぁ

どうすれば海賊版マンガを撲滅できるんだろう








僕だけがいない街 (7) (カドカワコミックス・エース)
三部 けい
KADOKAWA/角川書店 (2015-12-22)
売り上げランキング: 59


だがしかし 4 (少年サンデーコミックス)
コトヤマ
小学館 (2015-12-18)
売り上げランキング: 197