2016.1.21 04:00

脳とコンピュータを直結する装置が開発中!ついに攻殻機動隊の世界がくるうぅうううううううう!!






まさに攻殻機動隊。脳でコンピューターを操る埋め込み装置が開発中
http://www.gizmodo.jp/2016/01/20160129ndarpa.html
200aaa


記事によると
・DARPA(国防高等研究計画局)は脳がコンピューターと通信できる埋込み型の神経装置の開発プログラム「Neural Engineering System Design (NESD)」を発表

・NESDで埋め込む装置のサイズは角砂糖程度の大きさ。脳とコンピューターのリアルタイムな通信を可能にする

・NESDでコンピューターや外部デバイスによって人間の視覚や聴覚を補うことが期待されている

・人間の能力をコンピューターで拡張するという、まさに攻殻機動隊などで散々語られてきたSFの世界が実現するかもしれない





Bridging the Bio-Electronic Divide




この話題に対する反応


・早いとこ外部記憶ぐらいは装着したいわ

・一歩間違えば『スプリガン』のCOSMOSになるし、行く末はシビュラ中枢部である

・ふと思ったけど、電子パルス爆弾?みたいなの受けると、脳が焼き焦げるんじゃ(-∀-;)

・「そこはむしろニューロマンサーだろ?」とは思うがようやくサイバーパンクが現実化しそうなのはめでたい。

・囁くのよ 私のゴーストが。まであと少し。















記憶のバックアップ欲しいわー









関連記事
ハリウッド版『攻殻機動隊』バトー役の俳優が決定!映画には笑い男も登場するぞ!
「攻殻機動隊」士郎正宗さん原案の『紅殻のパンドラ』劇場アニメ化決定!!12月5日より2週間限定で公開
【マジかよ】神戸市が『攻殻機動隊』と大型コラボ!聖地巡礼やIT施策で神戸市をアピール
【朗報?】30年後には死者を蘇らせる技術が可能に 脳を人口ボディに移植し、攻殻機動隊の世界が実現