2016.1.25 20:00

【絶望の国】日本は世界一「若者自殺者」を量産している 「希望」は一体どこにあるのか






 絶望の国 日本は世界一「若者自殺者」を量産している 
http://president.jp/articles/-/17058
200x150

記事によると
・2012年の自殺率(人口10万人あたりの自殺者数)は23.1で、172カ国で9位。社会的な統制が強い旧共産圏の国々ほどではないにせよ、先進国の中ではダントツ。

・国民全体の自殺率は低下しているのですが、年齢層別にみると、これとは反対に上昇しているグループがあります。それは若年層です。


・15~24歳の自殺率は、90年代以降ずっと上がり続けています。しかもそれは、日本の特徴のようです

・日本の若者の自殺率は、この20年間でトップにのしあがっています

・ちなみに2014年の20代の自殺原因上位3位は、うつ病、統合失調症、仕事疲れ

・べらぼうに高かった50代の自殺者は景気回復の影響で減少

・「希望」がなければ、自殺はもっと増える





ecc1601241713002-p1
ecc1601241713002-p2


この話題に対する反応


・「15~24歳の自殺率は、90年代以降ずっと上がり続けています。しかもそれは、日本の特徴のようです。」これはきつい。。。

・就職が難しいのが問題かな。いきなり就職でなくてインターンで企業に入れる制度を充実させるといいと思う。

・おっさんも希望ないよ

・100%国と我々大人の責任だ。

・もっと若者に希望を持てる政治を望むね‼️

・こういう問題にもはや政府が無関心だというのが・・・。今の政府にとって国民は労働力と購買力でしかない。



















わかっていたけど、数字で見せつけられるとキツい

希望なんてどこにあるんだよ・・・







関連記事


【ヤバイ】若者の死因のトップは「自殺」だと判明 アメリカやドイツなどの先進国の中で日本だけ