2016.1.27 12:40

海外ドラマ『DrHOUSE』で中国の禁煙アメとして紹介されてるアメが日本製のお馴染みすぎるアレなんだけどwwwwww







お・・・おう・・・




CZo6SPkWIAA_4oF (1)

CZo6TFtWkAA9DmZ




49110180





龍拡散だ・・・



Dr.HOUSE
『Dr.HOUSE』(ドクター・ハウス、原題:HouseもしくはHouse M.D.[n 1])は、2004年から2012年までアメリカ合衆国のFOX系列で放送された、1話完結型のテレビドラマ。製作はデイヴィッド・ショア、ブライアン・シンガーほか。

アメリカでは、2012年5月21日に放送された第8シーズン最終話をもって放送終了となった[1][2]。全177話。また、最終回直前には『House: Swan Song』と題した特番も放送された[3]。

日本ではFOXチャンネルが日本語字幕版、吹替版と順番に放送しており、第8シーズンまで放送された。Dlifeでは2012年3月18日にシーズン1第1話の先行放送を経て同年3月22日から放送されている。地上波では日本テレビ系が、第2シーズンまで放映した。









- この話題に対する反応 -


・一応調べましたが劇中で言及されている"フー"(ハウス先生はChai-hu《柴胡》と実際は言っているんだけれども)は龍角散のど飴に入ってないです。

・しかも上下が逆だしなあ。

・Dr.house では日本のシャワー付きトイレも韓国製で紹介されてたな(*`Д´)ノ!!!

・海外ドラマのこういうカバガバなとこすき











流石にガバガバすぎんだろwwwww




龍角散

龍角散(りゅうかくさん)は、
1. 東京都千代田区にある製薬会社、株式会社龍角散 (Ryukakusan Co., Ltd.)。
2. 1.が製造・販売するのど薬(鎮咳去痰薬)の商品名(日本国登録商標第795587号ほか)。
本項は両者について記述する。

龍角散は非常に歴史の古い薬であり、原型は、江戸時代中期に佐竹藩の御典医である藤井玄淵によって創製され、藩薬として重宝されていた。蘭学を学んだ2代目玄信が西洋の生薬を取り入れ改良する。3代目正亭治が、藩主佐竹義尭の持病である喘息を治すためにこの薬を改良した。龍角散と命名されたのもこの頃とされている。龍角散の名は龍骨・龍脳・鹿角霜といった生薬に由来するが、これらの生薬は後の処方見直しの際に外されてしまう。

明治維新によって藩薬であった龍角散は藤井家に下賜される。1871年に藤井家は佐竹藩江戸屋敷に近い神田豊島町(現・東神田の本社所在地)で薬種商をはじめ、龍角散は一般に発売されることとなった。4代目藤井得三郎が龍角散の剤型を現在のような微粉末状に改良する。また、積極的に新聞広告や街頭宣伝を行い、龍角散を全国的なヒット商品に仕立てることに成功した。











中国どっから出てきたwww







ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ【初回購入特典】和風セット(桜の木・ゴザ床ブロック)先行入手DLC同梱ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ【初回購入特典】和風セット(桜の木・ゴザ床ブロック)先行入手DLC同梱
PlayStation 4

スクウェア・エニックス 2016-01-28
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る
ガルパンFebriガルパンFebri


一迅社 2016-01-25

Amazonで詳しく見る