2016.1.28 10:40

アメコミ映画『デッドプール』の日本公開日が6月に決定!!ずいぶん遅いな・・・







『デッドプール』日本公開は6月!アメコミ史上最悪のクソ野郎が大暴れ
http://www.cinematoday.jp/page/N0079896
1453944719394 (1)


記事によると
・アメコミ史上最悪のアンチ・ヒーローとの呼び声高いデッドプールを主役に据えた実写映画『デッドプール』の日本公開が6月に決定した。

・本作は『X-MEN』シリーズのスピンオフ作品。主人公となるデッドプールは、口が達者で常にジョークを飛ばし、金次第で敵にも味方にもなる傭兵というアメコミヒーロー界で異彩を放つ

・『X-MEN』のウルヴァリンと同じく驚異的な治癒能力と不死身の肉体を持っている。そんなデッドプールの誕生秘話が本作にて明かされる</span>











デッドプールとは

デッドプール(英: Deadpool)、はマーベル・コミックの登場する架空の人物。本名ウェイド・ウィルソン。脚本のファビアン・ニシーザとアーティストロブ・ライフェルドによって生み出された。初登場は1991年2月刊行のニューミュータンツ#98。X-FORCEに再登場して以降アベンジャーズやデアデビルなどにゲストとして登場している。

回復能力・不死
ウルヴァリンのヒーリング・ファクターを注射されウルヴァリン同様の回復能力を獲得し(痛みは感じる)、サノスに『不死の呪い』をかけられ死ぬことができない。頭が体から切り離されてもくっつければ元に戻る[3]。老化もなく、メシア・ウォーの際には800年後の未来世界にも登場した。

第四の壁の突破
自分がコミックのキャラクターだと認識しており、読者に語り掛けたり、酷い時には編集部に文句を言ったりもする。

テレポーテーション
小型装置を使い瞬間移動もこなす。但し、電池切れや、ケーブルの能力に引っ張られるなどのトラブルが多く、たまにしか装置が使えない。

戦争経験
並の軍人以上に白兵戦・射撃もこなし、職業柄殺人に躊躇が無く、刀を使う事が多い。




アニメに出演したときはCV子安だった







映画の吹き替えもワンチャン・・・









おまけ
デップーのファンメイドポスター

Deadpool-Phumiphat_Chupun


ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ【初回購入特典】和風セット(桜の木・ゴザ床ブロック)先行入手DLC同梱ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ【初回購入特典】和風セット(桜の木・ゴザ床ブロック)先行入手DLC同梱
PlayStation 4

スクウェア・エニックス 2016-01-28
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る
ガルパンFebriガルパンFebri


一迅社 2016-01-25

Amazonで詳しく見る