2016.1.28 19:20

【STAP細胞】小保方晴子の書籍『あの日』Amazonレビューが大炎上!「言い訳に終始」「内容が無いに等しい」





前回


【速報】小保方晴子・元研究員が作家に MUTEKI入りは回避!
【STAP細胞】小保方晴子の書籍「あの日」予約開始!「業火に焼かれる人間の内面を綴った衝撃の手記」






 
小保方晴子の書籍「あの日」が発売されました

Amazonより 




売上は爆速でトップに

2016y01m28d_183748607




あの日
あの日
posted with amazlet at 16.01.28
講談社 (2016-01-28)
売り上げランキング: 3


商品の説明
内容紹介
STAP騒動の真相、生命科学界の内幕、業火に焼かれる人間の内面を綴った衝撃の手記。
1 研究者への夢
2 ボストンのポプラ並木
3 スフェア細胞
4 アニマル カルス
5 思いとかけ離れていく研究
6 論文著者間の衝突
7 想像をはるかに超える反響
8 ハシゴは外された
9 私の心は正しくなかったのか
10 メディアスクラム
11 論文撤回
12 仕組まれたES細胞混入ストーリー 13業火etc.

著者について





いきなり星1だらけのレビュー

d622887e8610ae5fd2612be1cad11a9e



 

参考になったカスタマーレビューの内容をピックアップ


評価の高いレビュー

・STAP問題の核心が完全に明らかになっている。

・「表の対応と心の中の応援は違う」、「科学はドロドロした業界」、「この業界で偉くなるというのは細かな根回しを怠らない人」全ての人への注意喚起だと思います。

・よくぞ出版してくれました。何年後に僕らは猛省するのか。疑わしきを罰す。疑わしい印象を与えるのは権力。情報を表現する側のインセンティブ。僕らはまだ地球が丸いことを知らないのかも知れない。

・ただ一つ言えることは、巨大組織理研の被害者ですね。彼女一人だけでトカゲのしっぽ切り

・真実が明らかにされ、ありがとう!



評価の低いレビュー

・正直、この本を読むまでは、本当にSTAP細胞を確認できたのではないかと少し期待していたのですが、
内容は自己弁護や、他の研究者などへの批判、責任転嫁・・・。
全く内容が無いに等しいです。

・罪はすべて他人、私は被害者 書かれている内容の要約はそれだけです。

・表舞台から逃げるように姿を消しておいて、今更こんな本だして何がしたいんだ。
酒鬼薔薇の件と言い、最近犯罪商法が流行ってるのかね。。金の香りがします。

・ページ数が少ないので立ち読みで、ざっと読んだ感想ですが自分はハメられたという言い訳に終始していたのは残念でした。

・著者の立場からすると、自己弁護の本になると予想しておりました。
そうだとはいえ、これ程自分を正当化した上で若山氏を攻撃する行動に出るとは。
彼女の思考は私の理解を超えておりました。

・怒りが収まりません 晴子は身勝手な主張を繰り返すばかり
自己の実績、発言の正当化読んでいて本当に腹立たしかった



この話題に対する反応


・「神戸連続児童殺傷事件」や「小保方」本が子供を除き、100人に一人が買うんだねー  人生いろいろ、人間もいろいろ なんだねー

・こうやって経済が動くんだなぁ

・うーん、疑問に答えない手記では書いても理解を得られない

・小保方晴子氏が出版した手記「あの日」 たぶん、この人は素でやっているんだろう。極端な天然さんなのではないだろうか。

・論文出し直せばw

















本の内容は自己擁護が多いようですな

気になる人は買って読んでみよう






ちなみに鉄Pの本より平均レビューが上だぞ!

はちま起稿  月間1億2000万回読まれるまとめブロガーの素顔とノウハウ
清水 鉄平
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 352,191



cc932b02574bc4dbe3849bb67531ef33