2016.1.30 18:05

【決算】コナミ、16年3月期は営業利益62.3%増!ソシャゲ版パワプロ好調、『MGSV:TPP』累計出荷が600万本突破







平成28年3月期 第3四半期決算短信
https://www.konami.com/ir/ja/ir-data/statements/2016/ja0129_28ic7m.pdf
※PDF注意
1454143227061

一部抜粋
当第3四半期連結累計期間の売上高は1,792億5千1百万円(前年同期比15.0%増)、営業利益は174億2千3百万円(前年同期比62.3%増)、税引前四半期利益は171億4千2百万円(前年同期比33.6%増)、親会社の所有者に帰属する四半期利益は62億6千2百万円(前年同期比19.1%減)となりました。



(デジタルエンタテインメント事業)
 モバイルゲームでは、配信開始から1年を経過した「実況パワフルプロ野球」が累計1,900万ダウンロードに到達したほか、最高峰の映像クオリティでプロ野球の臨場感を再現した野球ゲーム「プロ野球スピリッツA(エース)」を10月に配信し、好調に推移しております。また、「ワールドサッカーコレクション」、「クローズ×WORST」、「プロ野球ドリームナイン」の各シリーズタイトルが、引き続きお客様からのご支持をいただいております。グローバル市場向けには、「Star Wars™: Force Collection(スター・ウォーズ フォース コレクション)」や、各国でベストゲーム賞を受賞した「ウイニングイレブン クラブマネージャー」(海外名「PES CLUB MANAGER」)が安定した運営を継続しております。
 アーケードゲームでは、「麻雀格闘倶楽部」や音楽ゲームを中心とした「e-AMUSEMENT Participation」タイトルが安定稼働を続けており、12月には音楽ゲームの最新作「MUSECA(ミュゼカ)」を発売いたしました。また、アーケードゲームプレーヤーの頂点を決めるKONAMI公式大会「The 5th KONAMI Arcade Championship」を開催し、2016年1月から始まる決勝ラウンドに向けて各ゲームで盛り上がりを見せております。
 カードゲームでは、「遊戯王トレーディングカードゲーム」を引き続きグローバルに展開いたしました。特に国内では、毎年開催しております世界大会を京都で開催する等、引き続き多くのお客様にご好評をいただいております。
 家庭用ゲームでは、「メタルギア」シリーズの最新作「METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN」が、多くのユーザーから高い評価をいただいております。また、発売から20周年を迎え、操作性とリアリティをさらに向上させた「ウイニングイレブン」シリーズの最新作「ウイニングイレブン2016(海外名「PES 2016 - Pro Evolution Soccer -」)」を、欧米に続き日本でも10月に発売いたしました。

 以上の結果、当事業における当第3四半期連結累計期間の売上高は933億9千2百万円(前年同期比37.5%増)となり、セグメント利益は254億5千9百万円(前年同期比138.7%増)となりました。




2016y01m30d_172527853




https://www.konami.com/ir/ja/ir-data/meeting/2016/ja0129_722xr5.pdf
※PDF注意
2016y01m30d_175410696

2016y01m30d_172334816


















MGS5はまだ売れてるのか すげえ

ゲーム事業の売り上げが全体の半分を占めてるのに、それを切ろうとしてるコナミェ・・・








メタルギアソリッドV ファントムペイン
コナミデジタルエンタテインメント (2015-09-02)
売り上げランキング: 129