2016.2.2 09:50

【超朗報】名作『オプーナ』がLINEスタンプ化! オプーナのLINEスタンプを購入する権利きたああああ!!







オプーナLINEスタンプ化




2007年に発売されたオリジナルRPG『オプーナ』を
ながらく応援してくださっている皆さまへ。
この度、コーエーテクモゲームスさんよりご快諾いただき、
オプーナのLINEスタンプを制作します! 
配信日はまだ未定ですが、決定次第お知らせします^^



images
opcoppori
61pPcLxMbnL



オプーナについて

『オプーナ』 (opoona) は、2007年11月1日にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)より発売されたWii用ゲームソフトである。ジャンルはRPG。

概要
ランドロール星という惑星に不時着した、ティティア星出身の子供であるオプーナ達の活躍を描くRPG。
クラシックコントローラなどに対応しているほか、ヌンチャクのみで片手でもプレイできる。公式サイトでは「親指らくらくプレイ」と称している。
2007年3月14日に東京・品川の品川グランドセントラルタワーにて発表会が開催された際に、映像も合わせて公開された。当初は同年9月27日に発売する予定だったが、品質向上のため同年11月1日まで発売が延期された。
ソフト自体は開発元のアルテピアッツァの企画であり、コーエーではないソフトメーカー(そのメーカーは不明)から発売される予定だった。コーエーの取締役名誉会長の襟川恵子が堀井雄二に掛け合い、「RPGを発売したいが開発できるソフトハウスを紹介して欲しい」と頼んだところ、堀井がドラゴンクエストシリーズのソフト開発の実績を持つアルテピアッツァを襟川に紹介し、コーエーから当ソフトが発売されることとなった。
なお、本作のBGMは、2010年12月22日にベイシスケイプから3枚組のサウンドトラックとして発売された。
2011年5月19日発売のニンテンドー3DS用ソフト『デッド オア アライブ ディメンションズ』(コーエーとテクモは合併しコーエーテクモゲームスとなっている)には、登場キャラクター・ザックのコスチュームのひとつとしてオプーナコスチュームが登場している。

ストーリー
ティティア星で一番のコスモガードの称号である「スターティティアン」に選ばれたダディーナ一家は、そのお祝いでランドロール星に旅行に行く。しかしその途中事故に遭い、ランドロール星に不時着し、オプーナたちの両親は大怪我を負い、オプーナたち兄弟姉妹もバラバラにはぐれてしまう。
ランドロール星は、住む人の能力や特性によって居住区ドームが分けられており、人々は仕事をしてライセンスを獲得することによって、他の居住区ドームに移動できるという不思議な仕組みがあった。オプーナは弟や妹を探し出し、家族一緒にティティア星に帰るため、ライセンスの取得を目指す。

登場キャラクター
主人公たち
オプーナ
ティティア星の子供。ティティア星では子供の戦闘への参加は禁じられているため、実戦経験はなかったが、潜在的な戦闘能力の高さからランドロールガードの適性を見出される。
ランドロールガードとしての実績を重ねる一方で、副業として様々なライセンスを獲得し、活動範囲を広げていく。
ティティア星人特有の身体能力の高さをもって、ランドロール人が一生に課せられるだけのノルマを僅かな期間で成し遂げる。

(詳しくはWikipediaへ)




- この話題に対する反応 -




・来たぁあああ!アルテピアッツァさんコーエーテクモゲームスさんの気概に感服。

・貴様にはオプーナのスタンプを買う権利を与えよう

・これからはオプーナのLINEスタンプを購入する権利をやろう!になるのか・・・

・そろそろオプーナ無双を…

・オプーナLINEスタンプが予想外に売れまくってまさかの続編制作決定と思ったらスマホゲーまでは予想しておく。

・オプーナと聞いて、やる夫の方を思い浮かべた人は即刻反省すべき



ネット発のネタだけど「オプーナを買う権利」のスタンプをお願いします!


Image1
20080920234806








オプーナきたああああああ!!
これ絶対愛用する!







よく「クソゲー」だと誤解されるオプーナさん
実際はかなりの良ゲーです


ただ、『マリオサンシャイン』と発売日がほぼ被ったのと
「100万本売ります」という強気すぎる発言が災いしただけで・・・