2016.2.4 12:15

スノボ男性が衝突事故、スキー中の小6女児死亡 → 現場にいた人が「真実は真逆だ」と証言






小6女児死亡 スノボ男性と衝突
http://mainichi.jp/articles/20160203/k00/00m/040/010000c
1454555081392

(記事によると)

2日午前11時45分ごろ、広島県北広島町中祖の芸北国際スキー場で、学校のスキー教室に参加していた同町立芸北小学校6年、近藤江里菜さん(12)=同町奥中原=と、スノーボードをしていた長崎県佐世保市の飲食店経営の男性(38)が衝突した。近藤さんは全身を強く打ち、ドクターヘリで広島市内の病院に搬送されたが約2時間後に死亡が確認された。男性も背中などを強く打ち重傷。県警山県署が詳しい事故原因を調べている。

近藤さんは同校の3年生から6年生までの児童約60人とともに学校主催のスキー教室に参加し、午後に帰る予定だった。スキー教室は数グループに分かれ、教師ら12人が指導役を務めていた。

 スキー場によると、衝突が起きたのは初心者・中級者向けの「国際エリア・センターコース」(長さ約500メートル、高低差約100メートル)で、コース終点から100~150メートル手前の緩斜面だった。当時の天候は曇りだったが見通しは良く、混雑が目立つ状況でもなかった。

 町教育委員会によると、近藤さんは十数人のグループの先頭付近を滑走中、左側からターンをしてきたスノーボードの男性と衝突、互いに顔面を強打し倒れた。救急隊員が駆けつけた際、近藤さんは意識がなく心肺停止の状態だった。ヘルメットは近藤さんも含めて児童全員が着用していたという。





「現場にいた」する人物が
「スノボ男性の方が悪い」というニュースは間違ってると指摘



真実は逆?
2016y02m04d_121033142

(証言によると)

芸北スキー場での衝突
死亡事故
ニュースしか情報源がない中、腑に落ちない部分がみょーに引っかかっていたんです
ニュースのままだと、初級コースにいたスキー教室に参加の女の子にボーダーが衝突…
スノーボードのスピードはスキーほど出ないので、亡くなるほどの衝撃はまずないかと…近距離でグラトリでもしてエッジが首元や胸にでも…?と勝手に解釈してましたが、真実は…
子どもたちの集団暴走(もしかしたら純粋に下まで競争していたのかもしれませんね)
以下、
その場に居合わせた方のレポです
考えさせられますね…
自分もこれを見て反省します
亡くなった女の子の御冥福をお祈りするとともに、重症の男性が回復しますように…!
あと、間違った先入観を持たせるような報道は困ります(>_<)
この先、この男性が偏見扱いされませんように!





以下本文>
事故当時、現場にいました
ドクターヘリや警察等の出動で、気になってニュースをネットで見たら、なぜかスノーボーダーが悪い様な記事が多く目に入りました
私が見た限りでは衝突した女児を含め多数の児童が猛スピードで初心者の多い所を滑走してました
あれは危ないなと思った矢先の出来事でした

ネットの書き込み等でも、スノーボーダーに突っ込まれた子供がかわいそうなどの書き込みが多数見られましたが、初心者のスノーボーダーに猛スピードの児童スキーヤーが突っ込んだのが事実です
スノーボーダー 大人=加害者
スキーヤー 子供=被害者
のイメージを持った方が多い様に思います
なぜ、インストラクター等の大人がついていながら、あの場所であのスピードを許したのか?
そこに問題が有ると思いますが!
この日、私も初心者と一緒にいましたが、今までに無く無事に帰宅出来た事をありがたく思いました!




という証言が話題に


- この話題に対する反応 -




・真実を報道してほしい

・一方的にスノボが悪いと言われてるけどスノボはそんなに速度でないはず

・大人の方が悪いっていつも決めつけられるよね

・まじかこれ

・自分も子供の方からぶつかってきたことあるからわかる














オリンピックの映像を真似たのか減速せず真っ直ぐ滑る子供いるよね


>男性も背中などを強く打ち重傷


男性がぶつかった方だったら背中を強く打ったって変だよね・・・