2016.2.8 17:20

【大炎上】NHK経営委員「最近の若者は本当にダメなやつばかり。NHKの番組を強制的に見せる法律をつくるべき」







 【炎上】NHK経営委員「最近の若者は本当にダメだから法律でNHKの番組を強制的に見せる時間をつくるべき」  
http://netgeek.biz/archives/65874
200x150

記事によると
地理学者、考古学者であり、また同時にNHKの経営委員のメンバーでもある安田喜憲氏が第1110回の日本放送協会経営委員会で異常な発言をしていたことが分かった。

・発言の趣旨は、「最近の日本の若者は学習意欲がなく、本当にダメなやつばかりであり、一方で外国の若者は熱心に勉強している。日本の若者を教育するにはNHKの番組を強制的に見せる法律をつくるべき」というものだ。

・あまりにも論理の飛躍が激しく、また現実的でない策を提案するあたり、NHKの経営委員はこんなことを議論しているのかと嘆かわしくなってしまう。「今の若者は…」と古代エジプト時代から使われていた典型的な老害フレーズで世代叩きをするあたりも違和感を覚えざるをえない。




平成22年1月29日(金)公表
日本放送協会第1110回経営委員会議事録
(平成22年1月12・13日開催分)
第1110回 経 営 委 員 会 議 事 録

http://www.nhk.or.jp/keiei-iinkai/giji/g1110.html

 (安田委員)いろいろなところで講演していますが、講演して一番反応がないのは若者です。昔は大学の授業を聞いていて、学生が寝るということはありませんでしたが、今は授業中に寝ます。これは日本の大きな問題で、NHKもこういう問題を考えなければならないと思います。日本の未来を考えるときには、今の若者を根本的に立て直すことを考えることが必要です。

カンボジアで授業をしていると、目をきらきら輝かせて聞いています。その反応と同じように彼らはテレビも見ています。日本の国際放送を見ています。それはそこから何かを吸収したいということです。バラエティーではありません。生きる糧をもらいたいと思って、発展途上国の人はNHKの国際放送を見ているわけです。日本に期待しています。そういうところにバラエティー番組を流されると、はっきり言って日本人でも腹が立ってきます。日本は、いつの間にか文明が成熟しているので、今の日本の若者の接触者率を増やさなければならないとか言っていますが、

私は、今の若者に徴兵制はだめとしても、徴農制とか、徴林制とか漁村に行けとか、そういう法律で、テレビの番組も何時から何時まできちんと見るということにすればいいと思います。この番組を見なければ会社に就職させないとか、抜本的に政策を変えないと、日本は本当に大変なところへ行くのではないかと思います。

したがって、そういう面でNHKの役割は非常に大きいので、許される範囲を超えるものもあると思いますが、もっときつい方策をとらなければならないところまで来ているのではないか思います。





この話題に対する反応


・受信料を求める鉄の意思と鋼の強さを感じる

・ 何処の独裁者だよ。

・受信料が欲しいだけの乞食理論だな。

・お前の講演に魅力ないのを若者のせいにするあたりが老害って言われるとこだと思うよ。大体誰だよこいつ

・新 映像の世紀を嬉々として観てるワイはセーフ。

・例え冗談だとしてもこんな事言う奴がいる組織は終わってる

・だめなのはおまえらだろ。見たくなるような番組作れよ

・何言ってるんだこいつ

・お金だけでなくテレビを自由に見る権利も奪うのか

・NHKを観るとこんな風になります








安田喜憲


安田 喜憲(やすだ よしのり、1946年11月24日 - )は、日本の地理学者、環境考古学者[1]。東北大学大学院環境科学研究科特任教授、立命館大学環太平洋文明研究センター長、ふじのくに地球環境史ミュージアム館長、国際日本文化研究センター(日文研)名誉教授。フンボルト大学ベルリン客員教授、麗澤大学比較文明文化研究センター客員教授。専攻は環境考古学。理学博士(東北大学、1978年)。日本熊森協会顧問









真顔でこんなこと言える精神が欲しいならNHKを見るべきなのかもしれない