2016.2.10 12:40

【いい加減IRでやれ】マックスむらいさん、新たな動画を投稿





【前回】

山本一郎氏がマックスむらいさんに質問「反社会的勢力に資金が流れた事、隠してない?」

AppBank暴力団関与疑惑で山本一郎氏のツイッターにキッズたちが大量凸撃! 綺麗に捌いていく様子が面白すぎるwww

マックスむらい氏が暴力団との関係を動画で否定「やまもといちろう氏は金のためにAppBankを叩いてる。デマと印象操作に釘を刺す」



【続報】やまもといちろう氏が記事を訂正しました





↓ 動画をわかりやすくしたブログ記事



【追記】動画「「AppBankは暴力団と関係がある」という事実はありません。」「【続報】やまもといちろう氏が記事を訂正しました」を文字起こしした
http://michsuzuki.hatenablog.com/entry/2016/02/09/015817
200x150 (2)

(記事より)

 まず、この動画を撮るにあたっての前提を再度、お話しさせてください。AppBank株式会社は企業として、一上場企業として、誠実な仕事をしていきたいと考えています。上場企業としての立場から、株主のみなさまに対してはIRを通じて適切な情報をいち早くお届けさせていただきたく、その姿勢は変わっておりません。

 本来IRで発表すべき内容はもちろんIRを通じて、IRの範囲外の内容について、私が話せる範囲の内容について、昨日の動画に続き、今日の動画でもお話をさせていただければと思っております。まどろっこしく聞こえてしまうかと思うのですが、くどくこの話をさせていただいている理由は弊社が上場企業であり、上場企業としてのルールにのっとってお話をさせていただきたいためです。ご理解をよろしくお願いします。

(略)

 調査委員会の報告書には、暴力団が何かをしたといったような記述はありません。ですが、山本一郎氏は調査報告書にない事実を一方的に書き、Twitterで「根拠がある」とまで発言しています。

 昨日の動画でもお話しした通り、山本一郎氏は今後の裁判で用いられる資料である木村(朋弥・AppBank社元取締役)の上申書、今回の横領の人間です。木村の上申書を、調査委員会と一部の人間しか持ち得ない上申書を恐らく木村本人から今回の1億4800万円の横領犯である木村本人と接触を持って手に入れ、記事を書いたと思われます。その流れで「AppBankは暴力団と関係がある」と書きました。

 ここでネットで言われている件が「なぜここまで動画で説明をしておきながら、AppBankは暴力団と関係がないのであれば、なぜ直接木村を訴えないのか」。

 すでに開示情報でご説明申し上げている通り、当社は刑事告訴に関して積極的に検討をしております。しかしながら、ご指摘いただいているような手続きの途中の情報に関して、説明を行うことが我々の一存でできかねる性質のものでございますので、この件に関しては今後進展があり次第、開示を通じてご説明さしあげます。刑事告訴に関する情報につきましては、途中途中の情報を説明することが難しい性質のものです。ご理解いただけますと幸いです。

(略)

 なお、今回の山本一郎氏の件とは関係なく、「各方面からAppBankは追加調査をしないの?」というご意見をいただいております。この件に関して回答させていただきますと、弊社と調査委員会では極めてあいまいな情報から明らかにすることが難しく、今後の刑事告訴等の中で、司法を通じて明らかになるであろうことを強く希望し、目指しているということを申し添えたく思います。

 で、話を山本一郎氏の話に戻します。山本一郎氏は今回の記事の訂正を行いました。ただ、今回の訂正があったことで弊社が救われるわけではありません。一連の彼の記事、Twitterでの発言で、弊社がこうむった被害ははかりしれません。風評被害でこうむった損害を整理した上で、しかるべき対応をとっていく所存です。また、後日ではありますが、去年、私が山本一郎氏からブログにて、4500万円詐欺師と言われた件に関しても、動画でお話しさせていただければと思います。

(略)

 前回の動画でもお伝えした通り、山本一郎氏はAppBankを叩き続けてきました。AppBankが過去に彼から受けたさまざまな攻撃、数々の印象操作や虚偽情報の拡散、私がずっとインターネット上の瑣末な情報だということで目くじらを立てず、我慢して無視してきた多くの事柄に対して、私たちなりに明らかにしていきます。

 以上、私を応援してくれているみなさまへ向けて説明をさせていただきました。最後にひとこと、AppBankは暴力団が関係あるという事実はありません。







山本氏はだいたいこういう流れと思っているもよう





ロックアップとは
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14424974
(記事によると)

『ロックアップとは「鍵を掛ける」という意味であり、主幹事証券と大株主などのインサイダーが、「公開後の一定期間、市場で持株を売却しない」旨、公開前に契約を交わす制度である。 』

 ロックアップとは株を新規に公開した場合、「何月間は大株主は持ち株を売らない」という取り決めのことです。ロックアップ6ヶ月間という場合が多いです。
「ロックアップ解除」とは「売らない」という取り決めが上場後6ヶ月解除になるということです。

 新規上場後ロックアップ解除の時期になると大株主が上場で儲かった分をがっぽり売ってくるため株価が大幅に下がる可能性が出てきます。

 ただしロックアップの取り決めがない場合、上場すぐに大株主が売るため初値があまり上がらない可能性があります。















あくまで動画でやっていくつもりなのか・・・












実況パワフルプロ野球2016 (早期購入特典DLC 同梱)実況パワフルプロ野球2016 (早期購入特典DLC 同梱)
PlayStation 4

コナミデジタルエンタテインメント 2016-04-28
売り上げランキング : 37

Amazonで詳しく見る

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 愛宕 軽兵装Ver. 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 愛宕 軽兵装Ver. 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア


Max Factory 2016-10-31
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る