2016.2.12 01:25

【歴史的快挙】アインシュタインが100年前に存在を予言していた『重力波』、世界で初めて観測される





「重力波」世界初観測
米チーム、ノーベル賞級成果

http://this.kiji.is/70538244132438023
名称未設定 14


記事によると
・アインシュタインが100年前に存在を予言した「重力波」について、米大学を中心とした国際実験チーム「LIGO」が記者会見を開き「二つのブラックホールが合体したときに放たれた重力波の観測に成功した」と発表した

・重力波の直接観測は世界初で、宇宙の成り立ちに迫るノーベル賞級の成果となる

・重力波はアインシュタインが一般相対性理論で1916年に予言したもので、ブラックホールのような非常に重い物体が激しく動くと周囲の時間の流れや空間が揺れ、波のように伝わる現象とされている






重力波 (相対論)

重力波は、一般相対性理論において予言される波動であり、時空(重力場)の曲率(ゆがみ)の時間変動が波動として光速で伝播する現象である。
重力により発生する液体表面の流体力学的な重力波(gravity wave)とは異なる。


概要
重力波は、巨大質量をもつ天体が光速に近い速度で運動するときに強く発生する。例えば、ブラックホール、中性子星、白色矮星などのコンパクトで大きな質量を持つ天体が連星系を形成すると、重力波によってエネルギーを放出することで最終的に合体すると考えられている。

重力波の概念は、アルベルト・アインシュタイン自身が、一般相対性理論を発表した2年後に発表した。重力波が存在することは間接的には示されている(#間接的な検出参照)が、2011年1月現在、まだ直接観測されてはいない。重力波の伝播を媒介するものは、重力子(graviton)という粒子と考えても良いが、これも未検出である。

重力波を直接観測することは、現在の一般相対性理論研究の大きな柱の1つであり、巨大なレーザー干渉計や共振型観測装置が世界の数拠点で稼働あるいは計画中である。また、予想される重力波は非常に弱いため、ノイズに埋もれた観測データから重力波を抽出するために、重力波の波形をあらかじめ理論的に計算して予測する研究も精力的に進められている。




この話題に対する反応


・重力波観測ってマジなん?!

・重力波の観測もだが、ブラックホールの合体が観測されたのも初じゃないのかこれ?

・重力波? なんぞやそれは

・おぉまじか! 重力波の力説もようやくお披露目だな

・重力波はありまぁす

・重力波と聞いてナデシコしか浮かばないおっさん

・重力波が空間に干渉したら座標系おかしくなったりするんやろか

・そのうち「重力波ネックレス」とか「重力波ブレスレット」とか「重力波水」とかが出てくる.これは間違いない









つまりどういうこと?








38








よくわからないけどアインシュタインは凄いし正しかったというのがわかった













【PS 4版】 STEINS;GATE 0 【初回封入特典】PS4版「STEINS;GATE HD」DLCコード同梱【PS 4版】 STEINS;GATE 0 【初回封入特典】PS4版「STEINS;GATE HD」DLCコード同梱
PlayStation 4

5pb.
売り上げランキング : 286

Amazonで詳しく見る