2016.2.14 21:05

子ども時代、親に物を『壊された』『捨てられた』『欲しいものを禁止された』大人たちが自由に使える金ができたらこうなる




前回

母親がしつけのために息子のゲーム機を破壊して話題に

バイオリニスト高嶋ちさ子さん、しつけのために息子のゲーム機をバキバキに破壊 → やり過ぎだと非難殺到

【怖い】ゲーム機破壊で話題の高嶋ちさ子さん、息子の3DSを破壊→買い直しを繰り返していた事が判明

息子のゲーム機を破壊した高嶋ちさ子さんの過去発言がヤバイ!「ひたすら叩くのはおかしい」という擁護も燃料に炎上中

2016y02m13d_145852675






ツイッターでは話題に便乗した
「親に物を壊す、捨てる、禁止された子どもは反動でほしいものを買いまくる」
という大喜利が始まる









































この話題に対する反応

・うん これは買い過ぎ

・なるほどなー。リバウンドやなー。

・とてもよくわかる。解りすぎて、解りたくない世界。

・マジレスするとガチで禁止すると無欲な大人が出来上がります。なぜならある程度の歳になって親の支配が緩んで自由に使える金ができても、使い道が分からないから。

・えっ!?サーバールーム?

・男の子は親におもちゃを捨てられ、反動で大人になり買い集めたコレクションを嫁に捨てられ、嫁を捨てるか悩む。

・子供が興味持つものを親が積極的に否定・禁止すると、その反動でやりまくるようになるってのは昔からのお決まりパターンよね。

・「親の躾の反動で、こんなにオタグッズ買うようになった」という話も、子供の頃から自制が効かず、ダラダラと漫画読んだりゲームを続けたりした結果、禁止令を言い渡されるも、その性格自体は変化せず成長した後もタガが外れていろいろ買うようになったってだけなんじゃとも思ったり



















ただのコレクション披露大会だこれ!

ここまで買いまくると引っ越しの時やばそう








DARK SOULS III 【数量限定特典】「特製マップ&オリジナルサウンドトラック」付
フロム・ソフトウェア (2016-03-24)
売り上げランキング: 4