2016.2.15 18:30

安倍首相「年金支給額の減額もあり得る」






年金給付減額あり得る=GPIF運用悪化なら―衆院予算委・安倍首相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160215-00000074-jij-pol
1455528303910

記事によると
・衆院予算委員会は15日午後、安倍晋三首相と関係閣僚が出席して経済などに関する集中審議を続けた。
 
・最近の株価下落で年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用損拡大が指摘されていることに関連し、首相は「想定の利益が出ないなら当然支払いに影響する。給付に耐える状況にない場合は、給付で調整するしかない」と述べ、運用状況次第では、年金支給額の減額もあり得るとの認識を明らかにした。
 
・首相は「運用は長いスパンで見るから、その時々の損益が直ちに年金額に反映されるわけではない」とも強調。 



この話題に対する反応


・運用を長いスパンで見るのは当然としても、損失の原因が明らかならば今後の納付状況にも影響が出かねないのもまた当然ではないか。 責任者がここまで無責任だと受給者や真面目に納付している人たちが気の毒じゃろ。

・その場合の「責任」は如何に?まさか元本割っても責任とらなくていいマネーゲーム、なんていう位置付けじゃないんでしょう?

・それでもまだ運用をやめないのか。

・年金払いたくないんだがどうにかならないものかね。任意制にするとか。

・アベ<年金運用費を株に突っ込んだけど失敗したら年金減らすからね!
どう考えてもやばいでしょこの人。

・さあ、どうするのかね、有権者は。それでも「仕方ないから自民」と言い続けるのか? 溶けた年金は戻らないよ。

・なんだこのまとめ方。質疑では最短でも25年後にそうなっていたら減額も、という話だったじゃないか。なんでこんな長期の話を今の株価下落につなげる?

・まぁほぼ確定したから言うんでしょうなァ…。
















長いスパンで見るからとはいえ、あり得るって言われちゃうと

もう今の若い世代が年金もらえるの期待したら負けな気がする