2016.2.18 15:30

【追記あり】2014年に消息を断ったマレーシア航空機のパイロットが2年ぶりに台湾で発見される!記憶障害に陥っている模様











※追記

元の英語ページに

http://worldnewsdailyreport.com/disclaimer/

WNDR assumes however all responsibility for the satirical nature of its articles and for the fictional nature of their content. All characters appearing in the articles in this website – even those based on real people – are entirely fictional and any resemblance between them and any persons, living, dead, or undead is purely a miracle.
WNDRは、しかし、その記事の風刺的性質のため、その内容の架空の自然のすべての責任を負いません。実質の人々に基づくものも - - このウェブサイトで記事に登場するすべての文字が完全に架空であり、それらと任意の人物間のいずれかの類似点は、生きているが、死んだ、またはアンデッドは純粋に奇跡です。


とありました。つまりガセでした。お詫びして訂正します。











2014年から消息不明だったマレーシア航空機

乗客乗員239人を乗せた北京行きマレーシア機が突如消息不明に →「信号」が確認される
消息不明のマレーシア航空機、4人が不正旅券で搭乗した疑いがあることが判明!テロやハイジャックの可能性が浮上
旅客機の行方不明事件、窓の破片と思しきものが発見される!!撃墜されたっぽいなぁ
マレーシア機撃墜の犯人はロシアだった模様 ロシアの言い訳を覆す物証が見つかる





 マレーシア航空MH370便のパイロットが2年ぶりに台湾で発見される 
http://news4jp.hatenablog.com/entry/2016/02/18/004108
1455775098493

記事によると
・2014年に消息を絶ったマレーシア航空MH370便の機長ザハリエ・アハマド・シャーハ氏(53)が、月曜日(2月8日)に台湾の病院で発見された。氏は現在、脱水症状や記憶喪失症などを患っているという。

・シャーハ氏は、タングシュウイ川の土手に意識不明の状態で横たわっているところを、近くの村人によって発見され、台北の台安医院に運び込まれたという。

・16時間後に意識を回復したが、氏は自分の名前やどのようにして台北までやってきたかを記憶していなかった。指紋の識別によって、シャーハ氏はすぐに特定され、多くのマスコミとアジア各国の政府が同氏に注目している。



この話題に対する反応


・本当なのだろうか?もしそうなら世界中に激震が走る。

・生きてたのかよwww

・これあれか、生存者なしと発表されたうえに、機体の残骸もほとんどみつかってないのよね。

・パイロット生きてたって?!怖い怖い😨

・何故日本で報道されないの?

・うーんなんというかオカルト系の皆様が飛びつきそうな記事ですね
そもそも本当に失踪機の機長なのかという話で…

・ちょっと、SF小説みたいになってるぞ…



















ミステリーすぎる・・・ 




















DARK SOULS III 【数量限定特典】「特製マップ&オリジナルサウンドトラック」付
フロム・ソフトウェア (2016-03-24)
売り上げランキング: 8