2016.2.19 02:00

元少年Aの更生に尽力した精神科医「6年半かけた矯正教育が手記の出版で全て台無しになった」




週刊文春 VS 酒鬼薔薇聖斗




【衝撃】ついに元少年A(酒鬼薔薇聖斗)の素顔と住所がバレた!2月18日発売の週刊文春に現在の素顔写真を掲載!
【怖すぎ】元少年A、文春記者にブチギレ「命がけで来てんだろ?顔と名前覚えたぞ」と1kmも追いかける
【文春】元少年Aの”全身写真”含む4枚を掲載!突撃取材した記者はマジで殺されかけていたことが判明!!




杉本研士さんとは

rwerewrwrwe


日本の小説家・精神科医。長野県生まれ。信州大学医学部卒。法務省矯正局の矯正医官として、府中刑務所、医療少年院に勤務する。関東医療少年院院長などを歴任した。

神戸連続児童殺傷事件の容疑者の診療にもあたった。


元少年Aを直撃
http://blogos.com/article/161446/
32ws

記事によると
・文春の元少年Aの記事は、記者による突撃取材にキレた元少年Aの描写と、有識者たちへの取材内容のダイジェスト版だった。

・そのダイジェストの中には元少年Aの更生に携わった杉本研士氏の取材もあった。


杉本研士氏
「我々は6年半かかって彼に矯正教育を施した。関東少年院を出てから十年間は成功していた。再犯することなく、賠償金を支払い、年に1回報告を兼ねて遺族に謝罪の手紙を書いていた。

しかし社会の強い逆風の中で疲れてしまったんでしょう。

彼は幻冬舎に乗せられ手記を出版した。それにより、これまでの更生の道のりが台無しになった。彼は佐川一政氏を師として異端の世界で生きることを決めてしまったのかもしれません」



佐川一政さんとは

日本の殺人犯、食人鬼、エッセイスト、小説家、翻訳家。
パリ人肉事件の犯人として知られる。

人を殺したことで小説家として成功する。




この話題に対する反応


・遺族が反対しているにも関わらず、手記を出版した時点で、更生していない事は明らか。

・そもそも更正させずに死刑にするべきだったし、更正できなかった責任を誰がとるのでしょうか?

・生かした事を失敗とするのか?と問われているようだ。個人的に全て更生できるものではないという考えなので何でも更生させようという考え方そのものの是非が問われているのかもしれない。

・本人は快楽の為に人殺しを楽しみ、初めから「更正」などする気は無いのに「失敗」も「成功」も無い話だヨ!!


















もし手記を出版していなければ更生は成功といえたのだろうか















頭上の異界 不信の国の若者たちと重大少年事件
杉本 研士
講談社
売り上げランキング: 547,513