2016.2.21 00:25

『ブレスオブファイア6』の「課金へのこだわり」やオンラインゲーム化について開発者にインタビュー 「売り切り型だと収支的に厳しいと思った」





前回
PC/スマホ『ブレスオブファイア6』2016年2月24日から正式サービス開始!「ソシャゲではなく本格オンラインRPGにできたと自負してる」



「ブレス オブ ファイア 6 白竜の守護者たち」インタビュー。新たな試み“納得課金”やオンラインゲーム化の理由などを聞いた
http://www.4gamer.net/games/227/G022777/20160215042/



記事によると
・かつてコンシューマ用ゲーム機で展開されていた「ブレスオブファイア」シリーズの最新作がPC/スマホ向けオンラインゲームとなった理由や課金システムなどについてプロデューサーの杉浦一徳氏と運営プロデューサーの清川一郎氏に質問


(ナンバリング最新作がPC/スマホ向けのオンラインゲームとなった理由は?)
杉浦「BOFというIPを確実に育てるにはナンバリングのリリースだろうと思った。前作のBOF5から約14年のブランクがあるので、いきなり外伝を出しても戸惑ってしまう。
また、現在のマーケット事情を考えるとCS機の売り切り型ソフトでは収支的に会社から承認されにくいと判断し、我々の部門の得意分野であるオンラインゲームという選択肢になった」

(発表会で「ミッション追加報酬」というシステムを公開したが、導入の意味は?)
杉浦「収益の割合における「ガチャ」のウェイトを下げたかった。
現在の大多数のスマホ用アプリはガチャが収益のメイン。そのようなビジネスモデルだとゲームを遊ぶことよりもガチャを回すことが主目的になりかねない。
ゲームの内容に合った課金システムを採用し、ガチャではなくゲームがメインになるスタイルであるべきだと考えている。

実際、モンスターハンターエクスプロアにはガチャがないが、そこそこの売り上げを出している。
BOF6はエクスプロアの発展型といえるもので、中身を確認したうえで必要なものなら課金していただくという形。」

(でも、「いいアイテムはミッション追加報酬にしか出ないのではないか?」という懸念がある)
杉浦「結論から言えばそのようなギミックはある。ただ、追加報酬にしか出ないということはない。
報酬の内容は乱数によって決まるが、もちろん極端なバランスにするようなことはしない。

ガチャのほうが手堅く収益を上げられるが、将来に向けてのノウハウとして何かが残るのではないかと考えている。
新しいビジネスモデルなので最初から100点は取れないと思うが、『ゲームを軌道に乗せたら課金要素もどんどん直していこう』とチームのメンバーに言っている」





この話題に対する反応


・無理やりブレスオブファイアにする必要あったのかっていう根本的な問題が…

・課金へのこだわり…ンッン~迷言だなこれは。

・BoF6のやりたいことがわかるいいインタビューだと思う。しかし

















まあガチャしかないゲームよりはよっぽど健全なシステムだと思う

ただBOFファンが求めてたのはそもそもこういうゲームじゃないんだよなぁ・・・












ディビジョン「初回生産限定」特典DLCハズマット装備パック同梱ディビジョン「初回生産限定」特典DLCハズマット装備パック同梱
PlayStation 4

ユービーアイソフト 2016-03-10
売り上げランキング : 12

Amazonで詳しく見る