2016.2.25 16:30

『進撃の巨人』『サイコパス』のProduction I.G新アニメ、Netflixで配信決定!監督は『キル・ビル』中澤一登






 Production I.G新アニメ、Netflixで史上初190か国同時配信!監督は『キル・ビル』中澤一登 
http://www.cinematoday.jp/page/N0080664
1456382057432

記事によると
Netflixが、日本のアニメスタジオ Production I.G の新アニメーションシリーズ「パーフェクト・ボーンズ」を世界同時配信する契約を結んだと発表した。同作は、史上初めて世界190か国で同時配信されるオリジナルアニメシリーズとなる。

・同シリーズは12エピソードで構成され、監督は「サムライチャンプルー」「明日のナージャ」などのキャラクターデザインや、クエンティン・タランティーノの映画『キル・ビル』のアニメーション監督を務めた中澤一登が担当

・科学者たちが世界の平和維持を目的に「完璧な人間」を生み出そうとする未来を舞台に、ほぼ完璧に近い数人の子供「新ヒューマン」と、彼らを誘拐しその能力を利用して、新世界秩序を築こうとする悪の機関の姿が描かれる。

・Netflixグローバル・コンテンツ・アクイジション部門のエリック・バーマック氏「『進撃の巨人』『PSYCHO-PASS サイコパス』等、数々のヒット作を手掛けてきた Production I.G と共にこの大胆なアニメ作品を全世界のNetflix加入メンバーとアニメファンに提供できることを、信じられないほどうれしく思っています。インターネットにより国境がなくなった今日、このハイクオリティーなオリジナルアニメ作品を、日本、アメリカ、フランス、メキシコに限らず、全世界のファンに同時配信、提供できることを誇りに思います」



この話題に対する反応


・こうやったほうがいいと思うんだ、アニメ制作会社は。
海外で円盤買ってくれる人なんてあんまりいないだろうから、
配信で敷居を下げる。

・ついにネット配信アニメきましたか

・中澤さん監督!?





Production I.Gとは



株式会社プロダクション・アイジー (Production I.G., Inc.) とは、アニメーションを企画・制作する会社である。

概要
創業までの経緯
創業者の一人である石川光久が「赤い光弾ジリオン」を制作するために創設した「竜の子プロダクション制作分室」を母体とし、もう一人の創業者である後藤隆幸がすでに設立していた「鐘夢(チャイム)」というアニメ制作グループと合併して1987年に設立した。設立当時の社名は「IGタツノコ」で、竜の子プロダクションの他にも「ジリオン」の制作協力を行った京都アニメーションの援助も受けている。

こういった経緯のため、実質的な「IG」のデビュー作は「赤い光弾ジリオン」であるとする事が多い。
また、「IG」は創業者である石川(「I」)と後藤(「G」)のイニシャルから取られた。

1993年に社名を現在の「Production I.G」とし、タツノコ・京アニ両社からの援助関係を解消した。
2010年には逆に竜の子プロダクションの株を取得し、大株主の一社となっている。

傾向
当初はOVAや劇場作品を中心に製作していたが、2001年にテレビシリーズの製作にも参入し業務を拡大している。
主にSFものを得意としているが、「魁!!クロマティ高校」「よんでますよ、アザゼルさん。」などのギャグアニメも制作している。

また、「機動警察パトレイバー The Movie」以降、押井守が監督・製作に携わる作品の制作会社としても知られている。

主な作品
無限の住人
図書館戦争
攻殻機動隊
精霊の守り人
Blood+
機動警察パトレイバー The Movie ・ 機動警察パトレイバー2 The Movie
魁!!クロマティ高校
戦国BASARA
東のエデン
うさぎドロップ
BLOOD-C
ギルティクラウン
黒子のバスケ
ROBOTICS;NOTES
PSYCHO-PASS サイコパス
進撃の巨人
翠星のガルガンティア
ダイヤのA(MADHOUSEと共同制作)
ポケットモンスター THE ORIGIN(OLM・XEBECと共同制作)
ハイキュー!!













Production I.Gの新アニメ来たか!

Netflix契約するしかねえ!
















ガールズ&パンツァー 劇場版 [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2016-05-27)
売り上げランキング: 33