2016.2.26 10:30

NASAがスターゲイザー(ガンダムSEED)みたいなシステムを考案 「これを使えば3日で火星に行ける」







「スターゲイザー」の設定はこんな感じ


スターゲイザーについて

GSX-401FW スターゲイザー(Stargazer)

有人では困難な火星軌道以遠の太陽系宙域の探査・開発を目的とした機体のため、ナノマシンを利用した自己修復型マイクロマシナリーテクノロジーによる長期間のメンテナンスフリーを実現搭載。

(略)

背部には、巨大なリング状の惑星間推進システムヴォワチュール・リュミエール(VL)を装備している。フランス語で「光り輝ける運び手」を意味するこの惑星間スラスターはソーラーセイルと同様のもので、太陽より高速で放出される太陽風をリング周囲に展開した微細な量子の膜で受け止め、特殊なエネルギー変換を経て推進力とし、広大な太陽系の航行を可能とする。
リングは左右の多重関節アームによって支持され、自在なコントロールが可能。理論上は推進剤を消費することなく無限に加速を得られるシステムである。
さらには外部から射入したレーザーや荷電粒子などを推進力に変換する事も可能で、ある種のレーザー推進的な側面を併せ持っている。そのため、プロパルジョンビームを受けて爆発的な加速を行うことも可能としている。

(詳しくはWikipediaへ)



簡単に言うと太陽風や外部から射出されたビームを受けると推進力に変換でき
どんどん加速していくことが出来る探査機


NASAのレーザー推進なら、火星に3日で到達できる
http://wired.jp/2016/02/26/laser-propulsion-system/
1456447680454

(記事によると)

大出力レーザーを宇宙船に照射する「レーザー推進」が実現すれば、重量100kgの無人宇宙船を火星まで3日で到達させることができる、とNASAの動画は説明している。

現在火星にたどり着くまでに5カ月を要するがNASAの科学者フィリップ・ルービンは、「NASA 360」向けの動画のなかで、ひとつの可能性を述べている。
「光子推進(レーザー推進)」を利用したシステムなら、わずか3日で火星まで到達できるというのだ。このシステムは、簡単に言うと、大出力レーザーを宇宙船に照射することで超高速を実現させるというものだ。
光子推進とは、光の粒子を利用して物体を動かす理論的なシステムだ。光の粒子は質量はゼロだが、エネルギーと運動量がある。そしてこのエネルギーは、物体に反射されたときに推進力に変換される。反射性のある大型の帆があれば、地表からパルス光レーザーを通じて「宇宙船を加速するのに十分な運動量を生成することが可能」になる、とルービン氏は述べている。

ルービン氏によると、このシステムなら、光速の30パーセントという「前代未聞の速度」にまで宇宙船を推進できるという。
これによって「重量100kgの無人宇宙船を火星まで3日で」送り込むことができるという。有人宇宙船の場合は1カ月程度がかかるが、現在の推定である5カ月と比べれば、かなり短い。





- この話題に対する反応 -




・アイデアは昔からあるけど、地上に基地おけないし、ブレーキ側の火星基地も必要だからなぁ。

・光子帆船とかロマンのある話

・地球からレーザーとかを照射して加速する奴って、減速どうするんだろうってのが気になる。

・いや流石に話盛り過ぎだろ。レーザーの出力半端ないことになるぞ。だいたい大気で減衰するし…


小島監督も興味津々!?

2016y02m26d_092934928













まずはデュートリオンビームのシステムを確立しないとな



仮にできたとして、どうやって減速するのこれ・・・













【PS4】ガンダムブレイカー3【PS4】ガンダムブレイカー3
PlayStation 4

バンダイナムコエンターテインメント 2016-03-03
売り上げランキング : 7

Amazonで詳しく見る