2016.2.28 02:00

殺人事件被害者の会「ほとんどの加害者は賠償金を払わない。だから国が立て替える制度を作ってほしい」




殺人事件の遺族の会、損害賠償金「国が立て替え支払いを」
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160227-00000027-jnn-soci
r3wrwe

記事によると
殺人事件の被害者遺族の会は加害者が遺族に支払うべき損害賠償金を国がいったん立て替えて支払う制度を作るよう国に求める方針を改めて確認した。

・現状、遺族らが加害者側に損害賠償を求める際、今の制度では裁判で賠償を命じる判決が出ても加害者側が支払いに応じないケースが多いという


ren053808

ren053811

ren053816

ren053827







殺人事件被害者遺族の会とは

一定の期間が過ぎると容疑者が判明しても起訴できなくなる公訴時効制度の撤廃・停止を求めて2009年2月28日に結成された団体。

未解決殺人事件の遺族が中心となっている。公訴時効が成立した事件の遺族も参加を表明し、発足時は16事件の遺族20人が会員となった。

通称は「宙の会」(そらのかい)。「宙」の持つ「無限の時間」という意味から命名され、「犯人への追求はなくなることはなく、遺族の悲しみや苦しみもなくなることはない」という意味が込められている。

この話題に対する反応


・人権弁護士はこういう集団に擦り寄っていくのだろう。相手にしなければいいのにね・・・

・多分、回収は無理。間違いなく国庫負担になる。

・資産が無ければ回収できない。原判決に労役も加えて国が回収するとか?死刑に併せて労役30年とか

・加害者が生活保護だから払えないとかのケースもあったな。決して逃げ得を許さない制度。

・大変な事だなこれは。 あったら良い制度かもしれないけど、税金が使われるだけになるんじゃないか?

・ぜひ、そうしてあげて欲しいよ。

・こういう言い方は失礼かと思うが・・・お金で気持ちを落ち着かせるのかね?お金云々ではないのでは?

・犯人に支払い能力がないと国が負担→だったら犯人の財政状況をマイナンバーで把握して貧乏人だったら殺してしまっていいやり方で対応、まで見えた。

・ドイツやイギリスはこうだよね。 日本の現状、刑事で裁かれても被害者側には治療費含め、びた一文賠償されないのが普通ってのは可笑しい。



















支払われない損害賠償の請求って罰として意味があるんだろうか

いろいろ根深い問題だな・・・