2016.3.2 00:30

実話漫画『私が大好きなアニメを見れなくなった理由』が話題に 「批判はファンの大切な思い出をぶち壊す行為」







漫画『私が大好きなアニメを見れなくなった理由』

大好きなアニメの劇場版を友達と観に行った主人公

友達が映画の内容を批判したことで、作品に対する興味を失ってしまう















この話題に対する反応

・あながち最近似たような体験をしてしまった

・ラブライブとかおそまつさんの劇場型コンテンツにこういう人多いと思う。

・批判されたからって自分も好きじゃなくなるみたいな心理は俺には理解できないねぇ。
好きなものは好き、他人がどうであれ自分は好き、それで、いいじゃないですか。

・こうやって考えるとアンチの言動も結構馬鹿には出来無いっすね……

・その作品が本当に大好きなら、誰に何と言われようが気にしないし自分の考えも変えない。胸を張って好きだと言える。私はその自信がある。

・オレはごちゃごちゃ言う奴がいたら「お前の顔面作画崩壊させてやろうか?」って言うけどな。

・他人の意見って割りと大きなウェイト占めたりするよね……
こういうのが嫌なら感想を求めちゃいけないんだなぁ。相手がなんて思ってるかなんてわからないんだし。
喜びを分かち合いたいなら、まずは自分の感想を述べておくべきなんだろうな。

・加害者にも被害者にもなったのでよくわかる。ただ、良くも悪くも、こういう痛い時期を通過しないと「自分の価値観」みたいなのは組み立てられないのかもしれないなぁ……とは思う。難しいね。

・分からんでも無いが、人の意見で崩れるような物を本当に好きだったんかね。好きだと勘違いしてだけかもねえ。

・男の方がこういうのないと思う
共感市やすさが関係してるのかわからないけど

・これで学んだのは同志ではない友達を巻き込むなってこと。
相手にもぶっちゃけ迷惑だしね




















他人の評価なんて気にせず楽しめる人はいいんだけどね・・・

どうしてもマイナス評価が気になっちゃう人もいる(´・ω・`)