2016.3.4 16:50

【訃報】覆面レスラーのハヤブサさんがくも膜下出血で死去 47歳







覆面レスラーのハヤブサ死す 江崎英治さん47歳、くも膜下出血で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160304-00000092-sph-spo
1457075715072

記事によると
3日、プロレスラーのハヤブサこと江崎英治さんが、くも膜下出血で亡くなった

・47歳だった

・江崎さんは91年にFMWでプロレスデビュー。覆面レスラーのハヤブサとして活躍していたが、2001年にリングでけいつい損傷し、以来、車いす生活を余儀なくされていた












ハヤブサ (プロレスラー) - Wikipedia

ハヤブサ(本名:江崎 英治(えざき えいじ)1968年11月29日 - 2016年3月3日)は、日本の覆面レスラー(元FMW所属)、歌手。熊本県八代市出身。株式会社ライトハウス所属。

頸椎損傷と歌手への転身
2001年5月の川崎球場大会で欠場から復帰し、サスケとタッグを結成し雁之助&黒田組に勝利する。しかし10月22日、ハヤブサは試合中のアクシデント(ラ・ブファドーラの失敗)により頸椎を損傷し全身不随の重傷を負った。ハヤブサはこの事故により事実上のレスラー休業を余儀なくされた。その後懸命のリハビリにより、現在は奇跡的に自力で立ち上がり、補助付きで歩けるまでに回復した。
2002年8月、WMF旗揚げにあたりコミッショナーに就任するが、その後離脱し個人事務所「隼計画」を設立し現在はGOEMONと共に所属している。現在も歩行が困難な状況にあるが、「お楽しみはこれからだ!」と宣言、あくまでもカムバックを目指した。
2003年、平井堅の「LIFE is...」のPVに出演した。
2004年には、2館のみで上映の映画「倍音―ばいおん―」にも出演、歌手のみのや雅彦、GOEMONとTRIPLE FIGHTというトリオを結成し、歌手としてライブハウスやプロレス会場で活動する。
2006年からは舞台俳優としての活動も始め、市川博樹主演の「天野真一物語」「飛行機雲」などに出演した。
2009年1月24日には自身のプロデュース興行である「ハヤブサ プロデュース フェニックス」を開催。
2014年プロレスラーとしての復帰は諦めておらず、杖を使って約200メートル歩けるまでに回復していった。「5年後(2019年)、レスラーとして再びリングに立つ」と宣言した。
2016年3月3日、くも膜下出血でなくなっていたことが4日に所属事務所が発表した。


o0255034011990423223















ご冥福をお祈りします