2016.3.6 13:30

約77万年前の地球を「チバニアン(千葉時代)」と呼ぶことになりそうwwww






「チバニアン」なるか 約77万年前の地層を文科相が視察
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160305/k10010432831000.html


(記事によると)

千葉県市原市にある地層を調べたところ、地球の磁場、つまり「N極」と「S極」が今とは逆だったことが分かり、およそ77万年前のこの地層が地球の歴史の一時期を代表する地層として注目されている
今後、国際学会によって「国際標準地」と位置づけられれば、ラテン語で「千葉時代」を意味する「チバニアン」と名付けられる可能性がでています。この地層を5日、馳文部科学大臣が視察し、選定に向けて期待感を示しました。

この地層が示す時代について、世界の地質学者で作る「国際地質科学連合」は「国際標準地」を定めたうえで、時代の名前を決める方針で早ければ、ことし12月にも開く国際会議で、市原市の地層と、ほぼ同じ時代を示すイタリアの2か所の地層の合わせて3か所の候補地の中から1か所を選ぶことにしています。





ライバルとなっているのは、イタリア南部のモンテルバーノ・イオニコと、ビィラ・デ・マルシェ



今後の展望
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20150520.html
1457235149281

(記事によると)

ブルン-松山境界の年代は、他の地層の年代決定の基準にもなっているため、今後この成果によって、恐竜が絶滅した白亜紀-古第三紀境界など様々な地層の年代が修正される可能性があります(※3)。

また、今回研究を行った市原市田淵の養老川岸の地層「千葉セクション」は、第四紀更新世前期・中期境界の国際標準模式地(GSSP、※2)の候補となっています。本研究の成果は千葉セクションの模式地選定に繋がる重要な研究成果となります。2016年夏にケープタウンで開かれる万国地質学会議で「千葉セクション」が国際標準模式地に選定されれば、日本初となり、その証として地層に「ゴールデンスパイク」(国際標準模式地を証徴する丸い金色の鋲)が打たれることになります。


つまりこういうこと(地球史年表より)

前期旧石器時代(約260万年前 - 約30万年前)の間に「千葉時代」という枠組みが誕生する

(詳しくはWikipediaへ)




- この話題に対する反応 -




・これで千葉大学もグローバルな大学の仲間入りですね!!!

・地球の一時代にローカルな地名がつけられるって、すんごい違和感w

・千葉時代って千葉階とか千葉期が正しいんじゃないのか?

・「千葉時代」という言葉のほのかなおかしみ


・千葉の時代は77万年も前に終わってたのか…www














先カンブリア時代とか文字からしてカッコいいのが並ぶ中「千葉時代」って違和感バリバリだな
(松山期は何故か馴染む)













【Amazon.co.jp限定】 ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) (戦車トークCD付) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】 ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) (戦車トークCD付) [Blu-ray]
渕上舞,茅野愛衣,尾崎真実,中上育美,井口裕香,水島努

バンダイビジュアル 2016-05-27

Amazonで詳しく見る