2016.3.6 23:35

地上波放送されたOVA『戦え!!イクサー1』が規制だらけでわけわからんと話題にwwwwwww







地上波で放送されたアニメ『戦え!!イクサー1』が規制だらけで大変なことに

入浴シーンや全裸でロボットに乗るシーンなどが全身黒塗り修正















Cc3XPf1UAAAIs4x


Cc3XPgBUAAAPGjm


Cc3XPf-UAAA1TyK


Cc3XPh7UsAA2ZKx





この話題に対する反応

・さすが90年代OVAやな。黒い線がいっぱいだった(イクサー1

・イクサー1の地上波放送の規制が想像以上にひどくて笑えない。シャワーシーン全黒消しじゃないか。女性の裸はそんなに悪いものなのか、見たらいけないような汚らわしいものなのか?
自主規制の時点でここまで萎縮してるってどうなの(´・ω・`)

・イクサー1は地上波で流しちゃダメだろw(;´Д`)

・こんなことやってるから今のテレビはオワコン。街角の過剰な商標ぼかしとか。

・これは放送事故を疑うレベルwww

・トレンドにイクサー1が。 そして画像を確認してみる。
すげえ消し方だな。場面によっては画面の8割くらいか...

・予想通りイクサー1はモザイク入ったのか。やたらと全裸シーンが多いアニメだったからなぁ。 とは言え、コスチューム着てる時の方がエロい気も…。

・そこまで無理して放送せんでもwイクサー1

・イクサー1でこれならメガゾーン23は画面真っ暗になるぞ










戦え!!イクサー1 - Wikipedia

『戦え!!イクサー1』(たたかえ!!イクサーワン)は、阿乱霊があまとりあ社の漫画雑誌『レモンピープル』に掲載した短編漫画(単行本『みんな元気かい!!』 (ISBN 9784765902373) に収録)。及び、それを原案として1985年から1987年にかけて制作・発売されたOVA作品。全3巻。

平野俊弘(現・平野俊貴)の監督代表作の1つ。上記の通り、阿乱の短編漫画を原案としているものの、OVA化に際して主人公のイクサー1やヒロインの加納渚ら登場人物たちの容姿にその一部が活かされただけで、大半の要素はほとんどが平野によって再構築されている(例を挙げると、阿乱の短編漫画ではイクサー1の名が無く容姿は緑色の毛髪や長い尾を持つネコ型獣人、渚の名が「皇海由華」で一人暮らし、「イクサー1」はOVA版におけるイクサーロボに相当する巨大ロボットの名、敵には女性だけでなく男性も存在するなど、かなりの差異が生じている)。
2001年には全3巻・特別編・映像特典を1パッケージにしてDVD化されたほか、2008年にはAT-Xでテレビ放送されている。














黒塗り修正多すぎィ!

TV放送考えてないOVAだから仕方ないんだけど・・・








戦え!!イクサー1 Blu-ray BOX(初回限定版)
キングレコード (2016-04-27)
売り上げランキング: 372