2016.3.8 17:50

市長時代の橋下徹氏「保育士の給料カットと非正規化を進める」 → 現在「保育士の給料低すぎ!税金で上げよう!」







橋下徹氏が「税金を突っ込んで保育士の給料を上げれば良い」とツイート












橋下氏は大阪市長時代に民間保育士に対する給与補助を打ち切ったため、この発言はおかしいと話題に
































橋下徹が大阪市の保育士にやったこと
http://anond.hatelabo.jp/20160308074646
1457425543332

公務員保育士の給与削減を理由に民間保育士に対する給与補助も打ち切りました。以下説明。


大阪市には『民間社会福祉施設従事職員給与改善費』という補助金がありました。

これは公務員保育士と民間保育士の待遇差が著しく広がらないよう一定額を補助する制度で、わずかながらも民間保育士の給与水準を引き上げることにつながっていました。決して十分とはいえませんが文字通りの「税金を突っ込んで給料を上げる」施策です。

しかし、昭和48年度から実施されていたこの制度を、橋下氏は「市政改革プラン」の一環として廃止しました。「公務員保育士の給与を民間並みに下げたので民間保育士の給与調整は必要ない」というロジックです。

http://www.city.osaka.lg.jp/shiseikaikakushitsu/cmsfiles/contents/0000163/163563/02-2_13-16.pdf

このように、橋下氏が大阪市政において行ったのは「公務員保育士の給与の引き下げ」だけではありません。元々あった「税金を突っ込んで給料を上げる」施策も廃止してしまったわけです(なお、これ以外にも1歳児保育特別対策費や福祉施設水道料金減免制度の廃止などが行われたため保育士の人権費はさらに圧迫されることになりました)。少なくとも当時の彼が「公務員保育士の給与は下げるが民間保育士の給与は税金を突っ込んでも上げる」という考えをもっていなかったことは明らかでしょう。










この話題に対する反応

・橋下元市長は「公務員は給料が高い高い」と言っていたが「公務員とは具体的に何をしている誰か」を誤魔化していた。保育士の適正給与額をむしろ市が示すべきところを、カツカツでやってた民間レベルに下げた上に、民間に流れる分まで切り捨てた。

・保育士の給料を自らカットした橋下による、保育士待遇についての「嘘」を見て、まだおおさか維新に投票する人がいるのだろうか。

・おおさか維新の支離滅裂さ炸裂ですね。
保育士さんたちを、もてあそぶのはやめてください、橋下さん‼︎

・発信力・行動力はあるが、場当たり的な政策。いまアメリカでは同じような人が大統領候補になってるんだよなぁ・・・

・悪い方にあわせてどーすんのよ

・橋下は新自由主義かと思ったけど
こういうことになっちゃうのかな

・1年前にあんたが自分で引き下げた給料やろが。

・官民の給与格差を縮めるのが是だとしても、初手で「民を上げる」でなく「官を下げる」とやっちまったこと自体は批判に値すると思う。

・時流に乗ってるのも確かだが橋下氏の見据えてるのはもう少し先じゃないかな。いったん民間へ税金を流してる間に子供預けてる人がもっと金を出しなさいという流れ。もしくは地方税諸々その為に上げるよ、的な。





















最初から民間の給与水準を引き上げれば良かったのでは