2016.3.9 03:00

「娘はリベンジポルノで辱められた上に殺された。極刑が相応しい」三鷹ストーカー殺人の被害者父が怒りの主張!!




三鷹ストーカー殺人事件とは

2013年10月に東京都三鷹市で発生した殺人事件。
本事件が誘引となり、リベンジポルノの関連法案が成立した。

女子高生の性的な画像や動画が拡散していることは大手メディアでは当初は報道しなかった。やがて一般紙でも本事件を報道する際に本件をリベンジポルノであるとして紹介され、リベンジポルノが社会問題として認識された。

国会でもリベンジポルノが問題視され議論された結果、2014年11月19日にリベンジポルノへの罰則を盛り込んだリベンジポルノ被害防止法が成立した。



被害者の父「極刑ふさわしい」女子高生殺害
http://www.news24.jp/articles/2016/03/08/07324245.html
rw3rw3rw3rw3

記事によると
・3年前、東京・三鷹市で起きた女子高校生ストーカー殺人事件のやり直し裁判員裁判に、被害者の父親が証人として出廷した。

・被害者父親は池永チャールストーマス被告(23)について、「罰するのには極刑がふさわしい」と主張した。


被害者父親
「娘は恥ずかしい画像が流出したことを知った上で殺された。その上で、もっとひどい映像を犯人が流した。殺人とリベンジポルノ行為は一体の犯罪だ。1人の女性を苦しめ、家族を苦しめ、それは終わることがない。

被告を罰するのには極刑がふさわしい」


ren055543
ren055546
ren055554
ren055556
ren055560




この話題に対する反応


・家族の思いはよくわかるが、私にはどうしても写真やビデオを撮らせた側に全く何の落ち度もないとは思えない。

・経緯はともかく、もしも自分の家族が被害者であった場合、出所時以降がポイントになると思います。何らかの行動を選択すると思います。

・極刑ってどういうのを言うんだろう? 食事も水分も与えず、指を一本折って電ノコで切断。 後はグツグツ煮えたぎった熱湯に重りをつけて落下とか。

・生きていても意味がないだろう。さっさと死刑した方がお互いの為


















心も体も殺すってよっぽど悲惨な事件だったよな・・・

















ストーカー 被害に悩むあなたにできること リスクと法的対処
長谷川 京子 山脇 絵里子
日本加除出版
売り上げランキング: 118,468