2016.3.10 03:00

【マジかよ】「ノルマ」の語源、実はシベリア抑留の「強制労働」に関係していた





「ノルマ」の語源に驚愕…シベリア抑留の「強制労働」に関係していた
http://news.livedoor.com/article/detail/11273622/
wrwrw3rw3rw3r3

記事によると
・著述家の石黒謙吾氏がTwitter上で「ノルマ」の語源について投稿し反響を呼んだ。


「ノルマ」はロシア起源





・「シベリア抑留」とは、大戦後に当時のソ連が日本軍捕虜らを主にシベリアに移送隔離し、長期にわたり抑留生活と奴隷的強制労働を強いたことだ。

・「ノルマ」は、ロシア語で「強制労働に伴う責任達成量」を意味し、第二次世界大戦後、シベリアに抑留されていた日本人が復員後に伝えた言葉である。





石黒謙吾さんとは



日本の著述家・編集者。
著書では『盲導犬クイールの一生』がベストセラーとなり映画化もされた。


この話題に対する反応


・どうりで英語圏で通じなかったわけだ(^^;)

・ちなみに、アジト・カンパもロシア語由来。 ノルマと並べてみると何となく感慨深いものがある......コミンテルン的な何かが滲み出ているような気がwww

・舞台役者たちが悪夢にうなされるのがチケットノルマ。英露チャンポン語であることは知っていたが日本語に定着したのは抑留者が帰国して広めたから、というのは初耳だった。

・知らず知らずに戦時中から引き継いでいる言葉があるんですね。未だに知らない事ばっかりだ。

・確かにネットで調べるとロシア関連の事柄が出てくる、、、、よりによって強制労働の言葉を使っているとは、、、一番初めにこの言葉を使いまわした、人を雇用する立場の人間の心情がうかがえるな (+_+))

・なるほど、イクラと同じくロシアからやってきた言語定着化かφ(`д´)メモメモ


















日本は色んな国の言葉が混じってるよね

こういうの面白い
















あの頃映画 松竹DVDコレクション クイール
松竹 (2014-05-02)
売り上げランキング: 66,718