2016.3.10 18:00

【おそロシア】ロシア政府、『軍用イルカ』復活へ 






 ロシア、「軍用イルカ」復活へ 5頭購入を計画 
http://news.livedoor.com/article/detail/11277380/
1457598374483

記事によると
・ロシア政府は9日、軍用目的でイルカ5頭を購入する方針を明らかにした

・ソ連時代に潜水艦や機雷の探知に活用していた「軍用イルカ」を復活させる試みだ。

・ロシア政府の調達ウェブサイトに掲載された資料によると、ロシア軍はイルカの調達に関する175万ルーブル(約280万円)の契約の入札を開始した

・イルカは冷戦(Cold War)の最中に、ソ連や米国が潜水艦などの探知のほか、港湾や船舶近くの不審物や不審者の発見のために用いた



この話題に対する反応


・ほれ,どうした?シーシェパード(sea shepherd) の出番だぞ.きちんとロシアにイルカ保護を訴えて強硬手段に出ろよ.

・イルカさん可哀想信仰のヨーロッパ各国に喧嘩売るためにやってるようにしか見えんわwww

・某環境保護団体さんは露軍基地に凸するんですよね?

・子どもの頃、イルカや犬などこの存在を知りゾッとした。人間の戦争なのに何故、他種を巻き込む?永遠に過去のものであるべき。

・イルカ漁で捕まえたイルカを水族館で飼育するのと、軍用イルカを飼育すること。
後者は欧米で批判されないのかなぁ

・イルカが攻めてきたぞ!が現実に…





軍用イルカ


軍用イルカ(ぐんようイルカ、Military dolphin)は、軍事目的で利用されるイルカである。アメリカ軍が利用中であり、ロシア軍には利用計画が存在した。主な任務としては、ダイバーの救助、及び、機雷の探知等である。1990年代の湾岸戦争、2003年のイラク戦争においては実戦で使用された。

メディアにおいてしばしば取り上げられる小話として、アメリカ海軍が軍用イルカに機雷を装着させ、敵の戦闘員もしくは民間人を殺害させる計画を有しているのではないかという噂がある。自爆攻撃による潜水艦の破壊、毒矢の装備、ソナー撹乱機器の装着、イルカ同士の戦闘さえも計画されているとされる。米海軍ではこのような計画を否定しており、その証拠も存在しない。そもそもソナーの撹乱機器装着に至っては、イルカ自体が反響定位を行い、反射音により物体の位置や距離を測定する為、感覚が狂ってしまう恐れもある。

ロシア海軍では1990年代にイルカ利用計画を凍結した。米海軍は海洋哺乳類計画にもとづいてカリフォルニア州サンディエゴの基地でイルカおよびアシカの研究および訓練を継続している。イルカ類としてはハンドウイルカ、マイルカなどが利用されている。

2005年にはハリケーン・カトリーナによって引き起こされた洪水によって、ポンチャートレイン湖の基地で訓練を受けていた軍用イルカが逃亡したと報道された。米海軍はこの報道をナンセンスであると否定しており、現在では都市伝説であると見なされている。

水中警備に問題があるとされた、バンゴール海軍基地に30頭の配備が検討されている。

ロシアでは水中探索に用いられる。アメリカでは要所警護に用いられる。

d2b69f02-s











関連記事

ロシア大統領プーチン直属イルカ部隊が設立! ナイフや銃を使って敵を打倒するって忍犬みたいだなwww





ロシアはイルカが大好きだなぁ

実用性よりも欧州に喧嘩撃ってる面もありそう














DARK SOULS III 【数量限定特典】「特製マップ&オリジナルサウンドトラック」付
フロム・ソフトウェア (2016-03-24)
売り上げランキング: 4