2016.3.11 13:30

内閣の研究機関「人口減少は決して悪いことではない。むしろ人類は増えすぎた」





少子化への向き合い方=リコー経済社会研究所長・稲葉延雄
http://mainichi.jp/articles/20160309/ddm/008/070/070000c
rewdxsdweewd

記事によると
・日本の人口が1億2711万人となり、5年前とくらべて94万7000人減ったことになる。

・人口減少が止まらないが、これに対してリコー経済社会研究所長・稲葉延雄氏が提言した。

リコー経済社会研究所長・稲葉延雄氏
人口が減っていくことも必ずしも悪いことではない。むしろ、人類がこの地球上で無限に増え続けていいはずがない。人口増が止まれば、狭い国土で危険を冒して災害に弱い地域にあえて住む必要が無くなる。

人口減少を憂える人は、自分の老後が心配だからといって子供に過大な期待を寄せる親に似て、少々身勝手である。年金問題は、高齢化の進展に合わせた支給開始年齢の引き上げで解決すべきである。

真の問題は、実はそういうことではない。先進的な日本経済で、若いカップルが子供を欲しくても、容易には実現できないと感じている実態である。 女性の社会進出を助け、男性の育児参加を可能にする職場環境づくりなど、企業側の努力も不可欠である」





リコー経済社会研究所とは
reerwrwe

「企業活動」を通して「企業の成長(Business)」を図るとともに「持続可能な経済社会(Sustainability)」の実現に貢献するための施設。経済社会総合研究所とは、内閣府の施設等機関の一つであり、内閣府の政策立案・政策提言を主たる業務とする研究機関である。


この話題に対する反応


・なるほど。少子化や人口減少は、国土の狭さを考えればそれ自体特別悪いことではない。問題は、高齢者と若者の比率が一時的に上がることだ。

・4畳半一間に親子3人が川の字になって寝ていたような時代の人口過密状態が普通だとあおるマスごみに注意。日本の居住面積は極めて狭い。人口が適度に減少すれば日本人の一人当たりの居住可能空間が広くなる。多少の人口減少は悪いことばかりではないのです。

・人口減少って悪いことばかりなのか?身の丈に合った経済でいいのではないか?

・某データだと数年前の時点で地球がもう一つないと全人口の食料は確保できないというものがありましたし

・人口減少社会は明治維新から走りっぱなしだった日本人が豊かさの本当の意味を問い直す ていう意味で 決して悪いことではないと思うんだよな


















人口削減計画は日本でも進行しているのかもしれない・・・
















世界支配と人口削減をもくろむ人たち―サヴァタイ派マフィアと世界終末シナリオ
ベンジャミン フルフォード
文芸社
売り上げランキング: 300,197