2016.3.11 14:00

【三鷹女子高生殺害】「裸の写真を拡散したのは自分の存在証明」インテリぶる被告の態度に女性検事ブチギレ!





三鷹ストーカー殺人事件とは

2013年10月に東京都三鷹市で発生した殺人事件。
本事件が誘引となり、リベンジポルノの関連法案が成立した。

女子高生の性的な画像や動画が拡散していることは大手メディアでは当初は報道しなかった。やがて一般紙でも本事件を報道する際に本件をリベンジポルノであるとして紹介され、リベンジポルノが社会問題として認識された。

国会でもリベンジポルノが問題視され議論された結果、2014年11月19日にリベンジポルノへの罰則を盛り込んだリベンジポルノ被害防止法が成立した。






三鷹女子高生殺害事件の差し戻し審が荒れている

f1b2118c-s


「娘はリベンジポルノで辱められた上に殺された。極刑が相応しい」三鷹ストーカー殺人の被害者父が怒りの主張!!





【三鷹女子高生殺害・差し戻し審】池永被告の難解供述に女性検事が怒りの正論対応
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/516491/
rw3rw3rw3rw34343434

記事によると
池永被告はインテリぶるクセが身に染み付いているのか、差し戻し審の尋問の中でわざと難解で回りくどい言葉を使う場面が多く、裁判長は呆れ女性検事は苛立っている。

リベンジポルノの動機を聞かれた池永被告
「裸の画像がなければ、ただ熱狂的なファンに殺されたストーカー殺人事件として報道されてしまう。最も親密な関係の証しである裸の写真を拡散することで、彼女と交際していた事実について第三者からの反駁(はんばく=反論)の余地を与えないためで、自分の存在証明なのです」


・女性検事は被告の遺族宛の手紙の誤字脱字の多さに対して「ちゃんと辞書を引きなさい。当事者の事の漢字が間違ってますよ」と指摘したところ、被告が「どんな文字ですか?」と聞くと、「自分で調べてください!」と突き放した。

・また女性検事は「なぜ女性が裸の写真を送ったと思う?」と問いかけ被告が「自分を喜ばせる為」と答えたところ、「写真をバラまくような人じゃないと信頼してたからでしょ!」とブチギレる場面もあった。



この話題に対する反応


・裁判ってホントにクズの品評会なんだな……

・これの行為の刑事責任は誰にあるのか・・

・移民が増えたらチャールストーマスみたいな連中が増えるんだろうなぁ。 倉本聰の親戚の可愛いJKとヤレたんだからこの世に未練は無いだろ。


















なんか拗らせたような物の言い方をする奴だな・・・
















(085)自己愛モンスター: 「認められたい」という病 (ポプラ新書)
片田 珠美
ポプラ社
売り上げランキング: 68,752