2016.3.16 20:30

大分県議会議員が「地球1周半分」245万円のガソリン代を計上!いくらなんでも走りすぎィ!







大分県議“地球1周半分”のガソリン代計上
http://www.news24.jp/articles/2016/03/16/07324849.html
200x150

記事によると
約245万円のガソリン代を政務活動費として計上していた大分県議の毛利正徳氏(自民党)

1年間で地球1周半分にあたる約6万6000キロを車で走行したと報告し、1キロあたり37円が支給される

・大分県では領収書を添付する必要はない

・おおいた市民オンブズマンは「常識的に考えておかしい」として、来月にも一部返還を求める住民監査請求をする方針




この話題に対する反応

・どこの県でも、議員はこんな事ばかり考えてるんだなあ。おいしい仕事です。

・野々村みたいなのがまた出たのか?

・議会も務め、寝ないで運転していた?行った先で何を調査した?

・燃費がとてつもなく悪い車に乗ってる可能性も捨てきれない。

・年間走行66千㎞が「常識的に考えておかしい」とか断定できるかというと、毎週東京まで往復してたら95千㎞になるのでそこまでは言えまい。とはいうものの、それならそれを裏付けるものがあるはず。

・1km37円の方が驚いた。燃費換算リッター3km位になるんだけど、どんだけ燃費悪い車前提なんだ。

・氷山の一角だろう。なんで政治家は性善説の会計管理なの?

・車両の運行状況をきちんと有権者に明らかにする必要がありますが、領収書無しでもガソリン代を請求できる仕組みになってるのはまずいな。



















他の議員も似たようなことやってそう

ちゃんと領収書を出す義務をつけよう(´・ω・`)