2016.3.17 17:10

ツイッター民がPSVRをデマでネガキャン「安全性を下げて値下げした」 → VRクリエイターが苦言「正しい情報を広めないと」







とあるツイッターユーザーが『プレイステーションVR』について語る

「ハイエンドPCよりも性能の低いPS4で動かすからPSVRは健康被害出る」という内容

この発言についてVRクリエイターの桜花一門さんが苦言



2016y03m17d_161256380


2016y03m17d_161258784


2016y03m17d_161306650


2016y03m17d_161314384


2016y03m17d_161319333


2016y03m17d_161328916










桜花さんのツイートに反論

2016y03m17d_161846818


2016y03m17d_161908313


やっぱ、ユーザに健康被害出ない様にする為の安全性をごっそり削って強引に値段下げてきた感じだねー。ソニーなんで、健康被害出まくって集団訴訟で「VRの未来」自体が潰される展開になりかねんのが懸念でな。

Oculusが何でハイエンドPC必須かといえば、ハイエンドPCでないと「ユーザに健康被害が出ない様にする為の安全性を満たせない」からであって、それよりも性能が桁1個低いPS4で強引に動かすとか、健康被害不可避だよね。

そもそも何で「今まで二眼式VRが発表されていなかったか」っていえば、健康被害出さない為には性能が足りなかったからに他ならず、ようやくハイエンドPCならば健康被害出さないで済む性能になった、って奴な。PSVR程度のシステムで良いなら「何年も前に発売されてる」訳でな?

二眼式VRは、両目の映像が同期ズレすると眼や脳に著しく大きな負荷が掛かり、場合によっては後遺症が残るというのが医学的に実証されていて、故に「絶対に同期ズレしない為の最低性能」の為に今のハイエンドPCと10万円近い本体価格が必要になった訳で。PSVRはそれを「満たしてない」と。

VRは同期ズレ以外にも、ユーザの挙動入力に対する映像の「遅延」もヤバくて、どうしてヤバいかはイグ・ノーベル賞を取った「スピーチジャマー」とかが分かりやすいと。発声に対し耳に入る音声を僅かに遅延させるだけで「喋れなくなる」って奴で、あれと同じ事が遙かに規模を増して起きる訳だ。

二眼式VRだと健康被害が出ない様にするには、挙動入力に対する遅延許容が20ms以下、両目の映像の許容同期ズレが5ms以下とかになる筈なんだけども、PSでは平気で100msとか遅延してくるソニーにそんな厳格な遅延抑制が出来るとは思えん、ってゆー。






こういう訳知り顔の半端者がメディアに出て誤情報を振りまかないためにも、無償だろうがメディアに出続け、なるべく正しい情報をメディア関係者と視聴者に伝える。ってのを使命とすら感じているのです





問題なのはVRではなく、PSVRです。つまり製品版の数倍の性能を持ったデモ機を発表した後で、製品版では特にスペック表に出ない部分を強引に削るソニーが、PSVRの製品版を普及価格帯にする為に安全性を削っている疑義であると。

PSVRの製品版で出来ていたなら、撤回して謝罪するだけです。そもそもソニー発表が正しいなら、PS4よりPS3の方が高性能という事になります。



この話題に対する反応

・なんかこの人はちょっと病院に行くべきなんじゃないかという感じがしますね…

・PlayStation VRを嘘ネタ?捏造ネタで批判したら競合商品のOculasの関係者に批判されたでござるww










TV局からVR関係の依頼がよく舞い込んでくる模様















PS4よりPS3の方が高性能・・・?

健康被害云々の誤情報は下手すると訴えられるぞ(´・ω・`)