2016.3.18 12:40

ツイッター公式クライアント『TweetDeck』のWindows版が4月15日にサポート終了!40億で買い取ったのに・・・



TweetDeckとは

Twitterの公式クライアント・アプリケーションの1つである。
カラムと呼ばれる「列」ごとに友達や話題を割り当てて分類することで、混乱を起こさずに一覧表示できる。


Twitter公式クライアント「TweetDeck」Windows版がサポート終了
http://gigazine.net/news/20160318-twitter-kill-tweetdeck/
trwefwerwrsr3er

記事によると
・Twitterが2011年に4000万ドルで買収した「TweetDeck」はTwitterクライアントの1つとして広く親しまれてきましたが、2013年にiPhoneアプリ・Androidアプリが開発中止、2016年3月17日に「TweetDeck for Windows」のサポート終了を発表していたが、2016年4月15日にサービスが終了することが発表された。

・Twitterは今後はウェブ上でTweetDeckを利用することを推奨しており、利用する時に、ウェブページをタスクバーにピン留めするよう伝えている。

・現時点ではMac App Storeで提供されている「TweetDeck for Mac」がサポート終了となるかどうかは不明だ。



この話題に対する反応


・もうずっとChromeで動かしてたから関係なかったわ

・タイトルだけ見てびっくりしたけど使い続けられるようで良かった

・Tweetdeck無くなるのか、と思ったけどこれはウェブ版に一本化するっていう話ですね それなら今も使っているから心配ないな

・大人しくブラウザの方で使うしかないのか……

・は!?おいちょっと待てブラウザ上でしかDeck使えないとか死ね

・そりゃあ、ウェブベースに完全に移行するからね。ただ通知ポップが出なくなったのは正直つらい


















こういうのの積み重ねでツイッター苦しいんだろうな・・・















情報の呼吸法 (アイデアインク)
津田 大介
朝日出版社
売り上げランキング: 222,839