2016.3.23 07:50

【重要】解熱・鎮痛薬としてお馴染みの「ロキソニン」にいまさら"重大な副作用"が見つかる!!! 






ロキソニンについて

鎮痛、解熱といえばロキソニンですが、以下の副作用が確認されています

肝臓や腎臓に負担が掛かる、むくみ、眠気、腹痛、下痢、頭痛という7つの副作用があるとされています

(詳しくはこちらへ)


厚労省が発表した改訂指示より
https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/53886/Default.aspx
1458686997293

(記事によると)

▽ロキソニン錠、同細粒(ロキソプロフェンナトリウム、第一三共)、ロキソプロフェンナトリウム内服液「日医工」(同、日医工)他
指示概要:「重大な副作用」に「小腸・狭窄閉塞」追記
過去3年の国内報告数(因果関係が否定できない):5例(死亡なし)

▽リスパダールコンスタ筋注用(リスペリドン、ヤンセンファーマ)
指示概要:「重大な副作用」に「アナフィラキシー」追記
過去3年の国内報告数(因果関係が否定できない):1例(死亡なし)
薬効分類:117 精神神経用剤

▽ゼプリオン水懸筋注(パリペドンパルミチン酸エステル、ヤンセンファーマ)
指示概要:「重大な副作用」に「アナフィラキシー」追記
過去3年の国内報告数(因果関係が否定できない):1例(死亡なし)
薬効分類:117 精神神経用剤

▽ビスダイン静注用(ベルテポフィン、ノバルティスファーマ)
指示概要:「重大な副作用」に「痙攣」追記
過去3年の国内報告数(因果関係が否定できない):0例
海外症例が集積し、CCDSの改訂されたことから、専門定員の意見を踏まえた調査の結果、改訂が適切と判断。
薬効分類:131 眼科用剤

▽ラシックス錠、同細粒、同注(フロセミド、サノフィ)他
▽オイテンシンカプセル(フロセミド、サノフィ)
指示概要:「重大な副作用」に「間質性肺炎」追記
過去3年の国内報告数(因果関係が否定できない):2例(死亡例なし)
薬効分類:213 利尿剤

▽ベタニス錠(ミラベグロン、アステラス製薬)
指示概要:「重大な副作用」に「高血圧」追記
「重大な基本的注意」に、血圧測定に関する注意喚起を追記
過去3年の国内報告数(因果関係が否定できない):7例(死亡例なし)
薬効分類:259 その他の泌尿生殖器官及び肛門用薬

※改訂指示関係資料はこちら(PMDAのHP)



腸閉塞とは

食べたものが、何らかの原因で消化管の中を通過できなくなってしまう状態です。そうなると激しい腹痛のほか、吐き気やおう吐などが起こります。
人間の体は食べ物を食べて、便として排泄させて栄養を取っています。一般に、口から摂取した食べ物や飲み物は、「食道」を通って、「胃・小腸・大腸」などを通過する間に消化・吸収されて、残りは「肛門」から排泄されます。
この一連の流れで、何らかの原因のため、小腸や大腸の中を食べたものやガスなどの内容物が正常に通過できなくなると、腸の中に停滞して、充満することになります。これが「腸閉塞」という病気です。重症の場合は命にもかかわるため、症状が出れば病院に行くことが大切です。

腸閉塞の症状

腹部の膨満感・腹痛
腸の中を内容物が通過できなくなるため、おなかが膨らみます。同時に激しい腹痛が起こります。

吐き気・おう吐
腸が詰まると、食べ物などが逆流してきて、吐き気やおう吐が生じます。

※腸狭窄(ちょうきょうさく)は腸が狭くなってしまっている状態。
そのため腹部の満腹感や腹痛が腸閉塞のように起きてしまう。
最終的に腸閉塞になる可能性もある

http://syoujou.yojokyu.net/blog/syoukaki/%E8%85%B8%E9%96%89%E5%A1%9E/)より



- この話題に対する反応 -




・まじか!

・腸狭窄って自分だけかと思ったら結構起きてたのか

・いまさら副作用が追加って

・こんなことあるんだね















ロキソニン使ってる人は「服用後にご飯食べちゃダメ」って知ってたと思うけど本当に腸狭窄・閉塞があったのか