2016.3.25 10:00

日本人、糖質摂りすぎ!という記事の写真がどう見ても「ラーメン三銃士」 これ偶然じゃないだろwww






4割以上の人が「1日の糖質摂取量の目安300g」をオーバー
http://dime.jp/genre/242148/1/
(サッポロビールが行った「食事での糖質摂取量に関する調査」より)

■糖質摂取量の目安について

「日本人の食事摂取基準2015年度版」では、炭水化物は量ではなく脂質とタンパク質との比率(50~65%)が示されており、年齢や活動量に応じた必要エネルギーは様々であるが、おおよそ 300g と設定。

■各世代の平均糖質摂取量

糖質を気に掛けているにも関わらず、20 代、30 代、50 代の平均糖質摂取量が糖質摂取量目安(300g)より高いことがわかった。

1-21-650x319






日本人の半分近くが糖質摂りすぎなんだって!
でもそんなの自己責任だよね!そんなことよりも・・・



150711109603_TP_V-300x225



この配置は卑怯



ラーメン三銃士について

漫画『美味しんぼ』の登場キャラクターである。
『美味しんぼ』第38集「ラーメン戦争」(3)
で登場したラーメン屋立て直し専門家の3人である。
その登場シーンのインパクトからか、ふたば☆ちゃんねるで多くのコラ画像が作られた。

登場の経緯
 井本春代が営むラーメン屋『金銀軒』は、元々経営していた夫に先立たれ、更に『流星組』に目を付けられたことで苦戦を強いられていた。

 流星組は目星を付けたラーメン店舗の近くへ移動車を差し向け、自慢のラーメンを振るまって客を奪い、経営の傾いた店を支店として乗っ取る、という悪どいやり方で事業を拡大しているのだ。ラーメンを国民食から国際食へ高めることを目的とする『日本ラーメン総合開発研究所』も「このままではラーメン愛好者が減ってしまう」と問題視していた。

 そんな流星組に対し、正々堂々味で勝負することを決意した金銀軒と山岡一行。そこに日本ラーメン総合開発研究所からサポートとして連れて来られたのが、ラーメン三銃士であった。

登場人物
長井 伸助
日本ラーメン総合開発研究所所長。「ラーメン三銃士を連れて来たよ。」
井本 春代、しげお
ラーメン屋「金銀軒」店主と、その息子。「ラーメン三銃士?」
乃士 勇造
ラーメン三銃士の1、麺の専門家。「うっす、よろしく。」
出川 実
ラーメン三銃士の2、スープの専門家。「がんばります、よろしく。」
多木 康
ラーメン三銃士の3、チャーシュー・メンマなど具の専門家。「よっす、どうも。」

(詳しくはニコニコ大百科へ)













配置といい向きといい全部同じだからこれを「偶然」と言って逃げるのは無理w