2016.3.31 00:45

最近のラノベ読者は繊細すぎ!?ラノベ試し読みページの「ピンチになる描写があります」という注意書きが話題に







ライトノベルの試し読みページに「ピンチになります」という注意書き

ラノベ読者は主人公の危機に繊細過ぎるのではないかと話題に














GA文庫公式ブログ
これからはじめる「ゴブリンスレイヤー」。大重版決定! そして2巻も発売決定!

http://ga.sbcr.jp/bunko_blog/cat381/021257/
1459351008568

一部抜粋
■これからはじめる「ゴブリンスレイヤー」。

ここで、「『ゴブリンスレイヤー』って最近よく聞くけどどんなの?」
という人のために、これまでのいろいろな記事や情報をまとめてご紹介。

■試読版

第1章「ある冒険者たちの結末」(57P換算)
※【ご注意】本作には、ちょっと「ピンチ」になる描写が含まれます。
第6章「旅の仲間」(18P換算)





この話題に対する反応

・そんなの大半の小説が読めないと思う。ってか「北斗の拳」も読めん気が

・そういう時代か・・・
どうせやるならアニメにもつけてくれ。
絵柄に騙されて鬱アニメ幾つ見た事か・・・

・そのうち悪乗りして注意書きにあらすじを載せる作品が出て来そうですね……

・今の読者はどんだけ主人公無双しか興味ないんだYO……
何? 現実の自分がマダオだからせめてラノベの国士無双主人公と自己同一化でもしたいって訳なの?┐(´д`)┌ヤレヤレ

・ピンチからの逆転のカタルシスとか追い詰められて追い詰められてからの奇跡の一手とか大事ジャン?

・メンタル弱い読者多すぎる。
友人も「主人公達が喧嘩した…読むのやめる」とか冗談みたいな事言ってたし。
「マジオペのエルフが暴行された、トラウマになった」とか言ってるし。
ピンチにならない戦いの何が面白いのか分からない私には理解不能。

・だから無双系やチート系がよく売れるんだな。フィクションでもそんなに人生上手くいかないよ!というか、それぐらいでくじけるなら読むな!










話題の『ゴブリンスレイヤー』、実は残虐描写が沢山出てくるハードな内容のラノベ

『ちょっと「ピンチ」になる描写』というのは公式のジョーク

ダークな内容に「どこが“ちょっとピンチ”だよ!」と突っ込むネタ



























いくら俺TUEEEEEEE系が流行ってても、主人公がピンチになるだけで注意書きなんて必要ないよね








ゴブリンスレイヤー (GA文庫)
蝸牛 くも
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 4,973