2016.6.15 09:00

ジャッキー・チェン「昔のカンフー映画はアクション重視で脚本が酷かった。改めてみるとクソだわ」 ← それが良いんだろwww







ジャッキー・チェン、昔の香港カンフー映画は「やりすぎた」=アクション重視で中身ゼロ―中国
http://www.recordchina.co.jp/a141363.html


(記事によると)

「成龍動作映画週(ジャッキー映画ウィーク)」に登場したジャッキー・チェン(成龍)が、過去の香港カンフー映画について、「アクション部分を強調しすぎて、脚本がおろそかになっている。アクションを刺激的にすることだけに必死で、子どもに悪影響を及ぼす。いま改めて作品を観ると申し訳なくなる」と語った。

ハリウッド進出後、米アクション映画は動きの部分はもちろんだが、ストーリーも非常にしっかりして重みがあることを強く感じるようになった。このため近年のジャッキー映画は、前半に人物を描くことを重視し、アクションは後半に集中させるという構成にしている。

さらにジャッキーは、現在の「アクションスター」と呼ばれる人の中に、「本当は全然できない人もいる」と語り、危うく実名公開しかける一幕も。現在は映像技術が発達しているので、カメラの前でちょっとジャンプでもすれば、「あとは特殊効果でアクションスターに仕立て上げてくれる」と、昔の俳優とのレベル差について指摘している。





- この話題に対する反応 -




・単純明快で楽しめる、良エンターテイメントだったと思うのですが

・中身ないほうが楽しかったのに…
客が観たいものじゃなくて自分のみせたいものゴリ押しするようになったらダメじゃないか?

・何ゆうとんねん。昔のんよかったっちゅーねん

・見る目がなくなったなこのおっさん















細かな伏線とか○○警察の野暮な指摘とか気にせずに楽しめる娯楽作品として良質だったと思うんですが


何が良かったかわからなくなってるのかな













タイタンフォール 2 【予約特典】『ニトロパック』ダウンロードコード同梱タイタンフォール 2 【予約特典】『ニトロパック』ダウンロードコード同梱
PlayStation 4

エレクトロニック・アーツ 2016-10-28
売り上げランキング : 5

Amazonで詳しく見る